神社の迷宮

第24回】尊い職業なのに月収15万円 神職のブラックな職場環境

かつては神職に夢を抱き、志高くこの世界に飛び込んだ神主たちが疲弊している。長時間労働に低賃金、飲み会でのパワハラ、セクハラ──。ブラック企業も真っ青な労働実態に迫る。
 「精神修行と称した飲み会では“アルハラ”が横行」「未成年に対しても飲酒の強要が日常茶飯事」──。

 本誌が現役の神職5人に対して行ったインタビューでは、酒宴にまつわる不満が驚くほど多く聞かれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
神社の迷宮

週刊ダイヤモンド

約10万社が存在するといわれる神社界で、優勝劣敗の二極化が進んでいる。ピラミッドの頂点に立つ伊勢神宮は、政財界との太いパイプを駆使してパワーを発揮している。その一方で、“名門”でありながら経営難に悩む神社は少なくない。国民の神社や神道...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon 尊い職業なのに月収15万円 神職のブラックな職場環境 | 3年弱前 replyretweetfavorite