ブス図鑑

ブスの頭に載っているのは「クソ」という名の王冠だ

この「ブス図鑑」の連載が始まる前に、「ブス」というワードを用いて、コラムのキーワードになりそうな言葉を思いつく限り書き出し、まとめたものをカレー沢さんへお渡ししました。
カレー沢さんから原稿が届き、今回のテーマをあらためて目にして、「てめぇ(自分)は、そんなことを書いたのか!」とびっくりしたのですが、しかと書かれておりました。特に、やけくそで書いたわけでもなさそうでした。

ブスとクソが手を組んだら世界は滅びる

今まで、あまたのブスに触れてきたが、やはり回数を重ねるごとに書くことがなくなってくる。
私の文章は、読後に「何も残らない、生み出さない」ことに定評があるので、全く同じ話をしても誰も気づかないと思うが、書く方も、書き終わった瞬間に書いたことを忘れるため、同じことを書くのは不可能だ。

このコラムのテーマは、「ブス」以前に、「無」なのである。
よって、今一度、担当から寄せられた案を見直してみると、一つ燦然と輝く文字を見つけた。

そこには「クソブス」と書かれていた。

貴様、言って良いことと悪いことがあるだろう、と思った。

みんなカジュアルに「クソ」という言葉を使い過ぎて、忘れていると思うが、「クソ」とは「大便」の意である。「ブス」の頭に「大便」が載っているのだ。これは事件である。
いや、ブスでなくてもこれは一大事だ。頭にクソがついた美人だって、ある特殊性癖の人から見たら「完全生命体」かもしれないが、おそらく一般の感覚からするとモテない。

たとえ、全女性誌が「この夏、頭にウンコを載せるのが、最強メチャモテコーデ」と報じても、多分流行らない。まして「ブス」に「ウンコ」である。
ブスとクソが殺し合って、ゼロになるという相打ちを狙ったのかもしれないが、どう考えてもパワーアップしているし、ブスとクソが手を組んだら世界は滅びる。

やはり担当の血は青いし、ゲル状だな、と認識を強くしたのだが、よく考えてみれば、このクソは「肯定のクソ」なのかもしれない。

例えば、「ヤバい」という言葉だって、今ではすっかり褒め言葉であるし、「マジヤベエ、これヤベエからマジで」と、人間の語彙を滅ぼすのにも一役買っている。

ブスの世界は最低地点でも、顔が激辛の猛者が揃っている

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruhunaT 「王は自分の意見は言わないし、意志もなく、ブスの発言など全部無視されると思っており、独裁政権には程遠い、真の民主主義である。」 2年以上前 replyretweetfavorite

o_hiraku 『ブスの王「クソブス」というのは、「ブスなりに上を目指す」などという低い志ではなく、「ブスという名のツルハシを使い、どこまで下を掘れるか」という勝負になる。』 もはや現代詩の領域にあるレベルのこの卓越した表現よ。https://t.co/E0nhxKFgLC 3年弱前 replyretweetfavorite

arukuma15 「お前は、そういう鳴き声なのか」 今朝、カレー沢薫先生とNHKのコラボが実現した。 #カレー沢薫 #ブス図鑑 #ヒナがかわいい https://t.co/DgxCelog44 https://t.co/4oQq9HMy3O 3年弱前 replyretweetfavorite

2i3i_ 最高だった https://t.co/S4VBATlbjp 3年弱前 replyretweetfavorite