恋人に新しくできた彼女とのドロドロの日々

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーであることを公言している32歳女性のきのコさんは、男性Aさんとの同棲中に、別の男性Bさんとも付き合うことになりました。AさんとBさん2人の合意を得て、幸せな日々を送っていた矢先、Bさんのある告白によって、きのコさんは激しい嫉妬心に苦しめられることになります。Aさんとのお付き合いのなかでは嫉妬心を抱かなかったきのコさんが、なぜ、今回は嫉妬してしまったのでしょうか?

こんにちは、きのコです。

前回までは、同棲中のAさんとのエピソードについてお話してきましたが、今回は私のもう一人の恋人Bさんとのお付き合いの中で、私が嫉妬心を抱いた時のことについてお話したいと思います。

連載の第2回目でお話した通り、ライブバーのイベントで出会い、お付き合いすることになったBさんと私。

Bさんと付き合い始めるにあたって、私はもちろん自分がポリアモリーであること、既にAさんという恋人がいることをカミングアウトし、そのことについて彼の合意を得ていましたが、彼もまた、自分がポリアモラスであるという自認をもった人でした。

「それなら、モノガミー(お付き合いは1対1でするもの、という考え方にもとづいたライフスタイル)だったAさんと違って、お付き合いは楽そう」と思う方もいるかもしれません。

けれど実際には、Aさんの時とはまた違った難しさが、私たちを待ち受けていたのです。

まだ1ヶ月も経ってないのに…

Bさんと付き合い始めて数週間後。ある日突然、私は彼から、
「実は、恋人ができました。もちろん、きのコさんという恋人がいることは伝えてあります」
と打ち明けられたのです。
(えっ…私たちまだ付き合って1ヶ月も経たないのに、もう別の恋人ができたの? もしかしてBさん、私に飽きちゃったのかなぁ。これからもどんどん恋人が増えていくのかも…寂しい…)

Bさん曰く、新しい恋人はSNSで昔からつながりのあるDちゃんという人だそう。
(私より昔からの知り合いなんだ…きっとBさんのことを、私よりよく知ってる人だよね。どんな人なんだろう、もっと詳しく知りたい。見た目は? 年齢は? 職業は?)
その日のデートの帰り道、私は今まで感じたことのない不安に襲われていました。

そうして、Dちゃん・Bさん・私のお付き合いが始まったのです。

デート中に何度も電話をしてくるDちゃん

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

beer_mine 「嫉妬と一言でいっても、「独占欲からの嫉妬」「疎外感からの嫉妬」「ライバル意識からの嫉妬」「エゴからの嫉妬」「不安からの嫉妬」など、その原因にはいくつかの種類があります」 |きのコ| 約2年前 replyretweetfavorite

kawademan 嫉妬と一言でいっても、「独占欲からの嫉妬」「疎外感からの嫉妬」「ライバル意識からの嫉妬」「エゴからの嫉妬」「不安からの嫉妬」など、その原因にはいくつかの種類がある…. 以上 転載... https://t.co/mpae5dD4MR 3年弱前 replyretweetfavorite

sizukanarudon きのコ@kinoko1027 https://t.co/T6YdCynzPF 「疎外感からの嫉妬」 「ライバル意識からの嫉妬」 「エゴからの嫉妬」 私が感じていたのは「不安からの嫉妬」でしたが、Dちゃんが感じていたのは「独占欲からの嫉妬」 3年弱前 replyretweetfavorite