暑苦しい夏の定番!“一晩寝かせる”だけの絶品冷や汁をどうぞ。

梅雨が明け、あつ〜い夏がやってきました。今回はそんな暑気払いにぴったり、絶品冷や汁のご紹介です。
気だるい夏でも簡単な、火を使わず、刻んで混ぜて冷蔵庫で寝かせるだけの簡単レシピ。きゅうりにシソとミョウガでさっぱりと、でもクセになる冷や汁を、スープ作家の有賀薫さんがお伝えします。

暑いのに台所……その理不尽を解消したい!

暑い盛りの食事どき、「何を食べたい?」と妻から尋ねられ、「簡単なものにしたら? そうめんでいいよ」と夫がうっかり答えて大喧嘩になった、という話を聞きませんか?

狭くて暑く、クーラーの風も届きにくい。現代日本の夏の台所は、私のような料理好きでも心萎える場所。その中で束の間とはいえ、大鍋に湯を沸かし、火の前につきっきりで麺を茹でるのです。
ひと夏台所で料理をしてみたことのある人なら「そうめんでいいよ」はいろんな意味でちょっとないかな、という気もしますが、その議論はまたの機会に。

夏の料理でもっともつらいのは、やはり長い時間、火を使うこと。朝はまだ涼しいとはいえ、さすがに煮込み系のスープだとへこたれそうなときもあります。

前回のトマトスープでも書きましたが、シンプル・スープの基本は、「素材の味をスープに移すこと」。なにも煮込むだけが、スープの調理法ではありません。今回は火を使わない夏にぴったりの方法を紹介します。

それは、「漬ける」こと。

夏野菜の代表、きゅうりを思う存分!

今日のメニューは、冷や汁です。

日本の各地に似た料理があります。最も有名なのは「宮崎の冷や汁」。いりこでだしをとり、アジやかますなど焼き魚をすり、味噌を焼いて作るという、案外手間がかかる料理です。
でも、今日は火を使う工程はすべてカット、だし汁を取る工程すら省いた簡単レシピにしました。でも、ばっちりおいしいですよ。

さあ、それではレシピをどうぞ!


きゅうりと豆腐の冷や汁

材料(4人分)
きゅうり 2本
豆腐 1/2丁
青じそ 5枚
みょうが 1個
味噌 約大さじ3 ※味噌の塩分による
白ごま 大さじ2
かつおぶし 5~7g ※小分けのパック1つ程度
塩 適量
ごはん 適量
水 300mL

1.下ごしらえ
きゅうりは5mmほどの薄切りにする。塩小さじ1の塩を振って混ぜ15~20分置き、キッチンペーパーで水気を絞る★1。豆腐も大きめに手でくずしてざるに入れ、水を切っておく。

2.即席みそ汁をつくる
白ごまをすり★2、味噌とかつおぶしと一緒にボウルに入れて練り、水300mLでのばして即席味噌汁を作る。

3.一晩漬ける
下ごしらえしたきゅうりと豆腐を加え、薄切りのみょうがと手でちぎった青じそも加える。冷蔵庫に入れ”一晩“冷やす★3
ごはんに汁をかけて食べる。


たったこれだけのレシピですが、上でをつけた、3つのポイントを解説しますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

haruka_sansan これ晩御飯にしよ~♪(*´-`) https://t.co/qAfYdYCBrQ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kiiro1925 有賀薫さんのレシピで冷汁を作った。火を使わない超簡単レシピなのに、ちゃんと冷汁になってビックリ。食欲のなかった私と旦那さんで4人前ペロリでした。お盆期間限定で無料で読めるので、皆さま是非。 https://t.co/uuOmIfkoNd 3ヶ月前 replyretweetfavorite

nekopy @r2425ksh なんか今ちょっと見てたらこれ簡単そうよ。 https://t.co/RvrvShZJV4 3ヶ月前 replyretweetfavorite

LcK0812 火を一切使わないのはいいな 3ヶ月前 replyretweetfavorite