ブランド研究④】トンボ鉛筆 MONO 消しゴム

文房具の名門とも言うべき、誰もが知っているブランド、そしてお馴染みのあの商品たちを次々に、徹底的に研究しちゃいます。

MONO消しゴムは発売当時から完成されすぎて配合を下手に変えると怒られてしまうらしい

 

最初はおまけだったのに質が良すぎて単体発売へ

鉛筆とともになくてはならないもの、消しゴム。昔は名前通りに貴重な天然ゴムを使用しており、日本は輸入に頼るしかありませんでした。そんななか、輸入に頼らず生産できないものか、と日本各地で研究が進みます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
文房具が大好き!

ケトル

「最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」をコンセプトとした、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第4弾のテーマは「文房具」。どれだけPCの時代と言われようと、「書くこと」から離れられる人なんていないはず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません