一流のアスリートほど、大きな夢をみない

「多くのオリンピック選手にお会いして、目標設定に関するインタビューをしたことがあります。すると、ほとんどの選手が、はじめは大きな夢を持っていなかったのです」。そう語る為末大さん。 では、どうして彼らは大きな成功を手にできたのでしょうか。発売直後から大反響の新刊『限界の正体-自分の小さな檻から抜け出す法』から、モチベーションと目標の密接な関係を明かします。

夢を見ることの功罪

世の中の人は、アスリートに対してどんなイメージを持っているでしょうか。

「一流のアスリートほど、大きな夢に向かって、ストイックに生きてきた人たちだ」

ととらえているかもしれません。

たしかに選手のインタビューを聴くと、彼らが小さな頃から夢に向かって一心不乱に努力をしてきた姿が感動的に浮かび上がります。しかし実際のところ、オリンピック選手の統計データによると、子どものころからオリンピック選手を目指してきた人は、全体の40%以下だということがわかっています。

成功を収めたアスリートでさえ、はじめから壮大な夢や目標を持っていたわけではないのです。

もちろんアスリートは、なんらかの目標を設定し、それに向けてトレーニングをしています。世界一になるという壮大なものもあれば、力を出し切るという抽象的なものも、この試合で3位に入るという具体的なものもあります。ですが、結果を出しているアスリートほど、

「遠くにある大きな目標よりも、目の前にある小さな目標を優先している」

というのが僕の体感知です。

大きな夢よりも大切なこと

僕は、多くのオリンピック選手にお会いして、目標設定に関するインタビューをしたことがあります。

すると、この統計データを裏づけるように、ほとんどの選手が、はじめは大きな夢や目標を持っていなかったのです。

では、どうして彼らは成功を手にできたのか。

理由はこのことに尽きると思います。

「目の前の問題を解決し、改善を繰り返す」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アスリートはいかに、​集中力とモチベーションを保ち続けるのか!?大反響の新刊

この連載について

初回を読む
限界の正体ー自分の見えない檻から抜け出す法

為末大

400mハードルの日本記録保持者で、3度のオリンピックに出場した為末大さんの新境地。人間にとって、才能とはなにか。限界とはなにか。人間の心について学び、アスリートの成功と挫折を見るなかでたどりついた考えとは?? 長い間、人間の限界と呼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

anachro_c やることやってる人ってみんなこんな感じな気がする。 https://t.co/m3Na6otUgG 3年以上前 replyretweetfavorite

omake888  大きな夢よりも大切なこと。「目の前の問題を解決し、改善を繰り返す」 まさしく!#おまけ君のつぶやき 3年以上前 replyretweetfavorite

nabe_w999 > 遠くにある大きな目標よりも、目の前にある小さな目標を優先している < 承認欲求ドリブンの目標設定ほど前者になりがちで? 限界の正体ー自分の見えない檻から抜け出す法 為末大 cakes https://t.co/ZK2Euc3MYt 3年以上前 replyretweetfavorite

NeXTSTEP2OSX アスリートではなくても学びがある。徒労感、モチベーション、慢心、環境の違い。 3年以上前 replyretweetfavorite