社内イベントはハズしちゃダメ!外こもり病【後編】

「会社のために自分のプライベートを使うのが嫌だ」というエリート美女の河合さん。しかし会社の行事は、社内のコミュニケーションを円滑にし、自分を売り込むチャンスであるとずんずん先生は言います。果たして河合さんは「外こもり病」を克服し、ソフトボール大会に出席するのでしょうか? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気のずんずんさんの連載です。


会社の行事って嫌ですよね。
特に休日に行われる会社の行事とか、参加しなければいけなくなった日には

会社、焼け落ちちゃえばいいのに……。


って思いますよね。

毎日会っている会社の人と週末会うのもうんざりですし、なぜ、給料も出ないのに自分のプライベートを犠牲にしなきゃいけないのか、会社の行事も仕事の一部と言われても納得できない、その気持ちわかります。

しかし、偉大なる会社様は、別に従業員のストレスをためるためにイベントを設定しているわけではありません。飲み会でもなんでも会社の行事というのは、従業員同士のコミュニケーションを円滑にするために存在します。

会社において、仕事ができる・できないだけで評価されていたらそれはそれで楽な世界ですが、世の中そうも言っていられません。

人間にはだれでも好き嫌いが存在します。

この人のことは好きだから、この人の頼まれごとなら早くやってあげようだとか、
あの人のことは苦手だから、あの人の仕事はひとまず置いておこうだとか、

社内の人間関係が良好かどうかによって、仕事の円滑さにも差が出るのです。
つまり、会社の同僚や先輩と仲良くすることで、仕事の効率は良くなります。

そして、会社のなかでの評価基準も人によってさまざまです。

仕事の成果だけを見るスーパークールな人もいれば、みんなと仲良くできる力、社内営業力を見る人もいます。もちろん、学歴を重視する人だっています。

そんななかで、できるだけ多くの人から自分がより高く評価される方法は何なのか、を考えていかなければいけません。

行事の多い会社に勤めているのならば、その会社では、社内の人間との関係構築力、コミュニケーションの円滑さが評価されている可能性が高いと言えるでしょう。

また会社の行事というのは、いつもなら関わりがない人と話せるチャンスでもあります。普段関わりのない人のなかには、社長や専務などの会社の重役たちも含まれます。

偉い人達もしょせんは人間です。好き嫌いで行動することがほとんどです。気に入られれば、何か大きなチャンスが得られるかもしれません。

会社の行事は面倒くさいものです。ですが、面倒くさいと言って低いモチベーションで臨んでいては、身体は行事に参加していても、心は内にこもったまま、参加していないも同然です。

そして、その気持ちは相手にも伝わります。そんな状態では、得られるものも得られません。

せっかく、貴重な自分の時間を使うのです。一つでもチャンスをつかむために、行事を楽しんで、多くの人と触れ合ってみてください。


河合さん「多くの人と触れ合う……」

むぅと河合さんは首をかしげました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ITF_earth16 これなんだよなぁ……(なお実践はしていない模様) https://t.co/GFUHmWUibF 約4年前 replyretweetfavorite

zunzun428 あれ!?!もしかしてこの連載も一周年!?!みなさまご愛顧ありがとうございますー!(´;ω;`) https://t.co/06nIhCSEVa 約4年前 replyretweetfavorite

zunzun428 今週のケイクスの記事も更新されてるのでよろしくな! https://t.co/06nIhCSEVa 約4年前 replyretweetfavorite