中南米の男同士の愛情 通過儀礼としての男色【後編】

新大陸に降り立ったスペインのコンキスタドーレ。そこで彼らが見たのは豊穣な大地だけでなく、艶やかに咲く男色の花々だった!? まったく交流がないはずの地域でも男色に共通点が多い理由とは!?
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!



アメリカ大陸の男色

1492年、コロンブスが新大陸を発見して以来、招いてもいないのに勝手にやって来たスペインのコンキスタドーレたちが驚いたのは、この大陸の住民が男色を大っぴらに行い、てんとして恥じないことでした。

とある医師などは、

「何と恐ろしいことだ」

と日記に書き記しています。余計なお世話もいいところですね。

コンキスタドーレたちが最初に訪れた、カリブ海のインディオ達は皆男色に夢中で、特にヒスパニョーラ島のインディオ戦士は18歳に達するまで捕虜にした少年を愛人にする習慣があったとか。

現在のユカタン半島付近に住み、控えめで恥ずかしがり屋な性格が日本人に似ていたというマヤ人も男色好きで、青年が年下の若者と結婚する少年婚の制度があったといいます。

マヤの神話によると、昔、男神チンというものがいて、彼が天下った際、他の男神と交わって男色行為を流行らせたそうです。チンは他にもマランという異称を持っていたようですが、チンとかマランとか、語感がご褒美としか思えませんね。

それはさておき、有難い神様チン、マランのお導きのもと、マヤの人々は大らかに男色の楽しみを享受しました。両親は子供が年頃になると、

「そろそろ息子にも彼氏を」

と少年と結婚させる習慣だったといいます。もちろん、通常大人になれば女性と改めて結婚するのですが、それを断り男性同士で添い遂げるのも珍しくなかったとか。

また、ユカタン半島から西、現在のメキシコシティに栄えたアステカ文明も男色が盛んで、メキシコに進軍したコンキスタドーレの証言によれば、神官たちは男色オンリーで、神殿には売春する少年たちでいっぱいでした。日本の寺社とそっくりですね。

ただ、人身御供とカニバリズムで有名なアステカの男色には他の地域とは違う特色が一つあって、アステカ帝国の最後の帝王モクテスマ2世は自分の最もお気に入りの相手を食べていたそうです。アステカ帝国では、食べられるのは、神に捧げられる最高の神事。栄誉あることでしたが、現代の感覚からするとやはり怖い(汗)

また、現代のペルーにあったインカ帝国においても、男色は大っぴらに行われていて、歴史家は、

「美しい女がたくさんいるのに、多くの男たちは実にあけっぴろげに男色を行い、それをたいそう誇りにさえ思っている」(ホモセクシャルの世界史)

と記しています。

男色は結局異端なものだったのか?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

curryrice4649 @totemotikin スス…ッ 7ヶ月前 replyretweetfavorite

lazyangercry |黒澤はゆま @hayumakurosawa |なぜ闘う男は少年が好きなのか? これは 大事なお話回 https://t.co/3DUHp2W6NV 4年弱前 replyretweetfavorite

mukuobake 「同性愛の問題に関して今、後進的であることを非難されている国々や地域の多くが、実はフォビア的な風土をもともと持っていたわけではなく、むしろそれは『持ち込まれたものなのだ』ということは周知されてもよいのではないかと思います。」 https://t.co/D5HrnsWyiT 4年弱前 replyretweetfavorite

jhanagata 根っこの部分は変わらないのね。 『人間』って事なんだろうなぁ。 4年弱前 replyretweetfavorite