俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

水着キャバ激戦区!大宮から吹き下ろすブームの熱い風

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 都内近郊では目下「水着キャバ」が増殖、流行の兆しを見せている。前号でスパムが行った池袋、秋葉原。さらには横浜、調布、南越谷まで……。ひと昔隆盛 を極めたランジェリーパブは鳴りを潜め、カジュアルでリーズナブル、20歳前後の女のコをキャストに抱える水着系のお店に人気が集まっている。

 そんななか今まさに“水着キャバ激戦区”と化している街があるという。夜遊びガイドのO氏が鼻息荒く解説する。

「周辺に学校も多く、若い女のコが多い。今最も勢いのある“埼玉の歌舞伎町”大宮です。普通の水着キャバはもちろん、いちゃいちゃもできるお店、さらにはスクール水着をテーマにしたお店など、4軒ほどを確認しています」

 池袋ですら水着系は1軒なのに、4軒は街の規模からしても多い。さっそく埼京線に飛び乗った。

ギャルがわんさか!熱気溢れる大宮の夏

ゆいちゃん(左)とかおりちゃん。身長148㎝とミニサイズのゆいちゃんだが、たわわに実った果実はビッグサイズだ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード