目標達成」を強くめざす人ほど、限界の檻に閉じ込められる

「人間のほんとうの限界はどこにあるのか--」400mハードルの日本記録保持者で、3度のオリンピックに出場した為末大さんが、人間の心について学び、アスリートの成功を見るなかでたどりついた新境地『限界の正体-自分の小さな檻から抜け出す法』。執筆のきっかけは? ほんとう伝えたいこととは? 発売となったばかりの本書の秘蔵エピソードを、為末大さんに聞いてきました!cakes独占掲載です。

「本当に、銅メダルが僕の最高到達点だったのか」

—リオ・オリンピック開幕もいよいよですね。本日はどうぞよろしくお願いいたします。まず、『限界の正体』というタイトルの本を書くきっかけはなんだったのでしょうか?

為末 この本のテーマは、「人間にとって、本当の限界はどこにあるのか」ということです。

2001年の世界陸上、エドモントン大会の400メートルハードルで、僕ははじめて銅メダルを獲りました。目標は「世界でいちばん」でしたが、この日の僕に、金メダルを獲れなかった悔しさはありませんでした。

僕にあったのは、

「最高の結果が出たな。人生で最高のメダルを獲っちゃったな」

「銅メダルが精いっぱいだったな」

という潔さでした。

客観的に判断して、当時の僕の実力は、世界で4、5番目くらいだったと思います。

—「銅メダル」は、実力以上の結果が出せたということですね。

為末 はい、当時はそう信じて疑いませんでした。

でも今、引退してから、思うときがあります。

「本当に、銅メダルが僕の最高到達点だったのだろうか」と。

僕が金メダルを獲れなかったのは、「自分の最高到達点は銅メダルだ」と勝手に決めてしまっていたからかもしれない。

本書のテーマでもある「心のブレーキ」があったということですか?

為末 行動経済学の第一人者で、『予想どおりに不合理』の著者、ダン・アリエリー教授がおもしろい実験をしています。

講義の聴衆に対し、こんな質問をします。

「あなたたちの社会保障番号の下2桁と同じ値段で、このワインを買いますか?」

その質問のあとで、あらためて「そのワインに最大でいくら払えるか?」と質問したところ、社会保障番号の「下2桁の数字が大きい人ほど、高い値段で買おうとする」傾向が見られたそうです。社会保障番号の下2桁が、意識に残ったことで、購入金額にも影響を及ぼしたのです。

僕たちは、ある情報を受け取ると、受け取った情報を基準点(アンカー)として物事を判断するようになります。数字だけでなく、社会の常識や世間の声などがアンカーになって、能力を制限することがあります。

僕が銅メダルで終わったのも、

「日本人の陸上選手に、金メダルは獲れない。銅メダルでも立派」

という論調が、無意識レベルで僕のアンカーになっていたからかもしれません。

日本人が10秒を切れない本当の理由

—社会の常識や世間の声が「限界の正体」かもしれないということでしょうか。

為末 それだけではないと思います。ただ一つ言えるのは、限界とは「人間のつくり出した思い込みである」ということです。さらにいうと「人は、自分でつくり出した思い込みの檻に、自ら入ってしまっている」。

たとえば、100メートルの日本記録を調べてみると、10秒00からはじまり、10 秒08まで、0・01秒おきに記録が並んでいますが、いまだに「10秒の壁」を超えた選手はあらわれていません。

なぜ、日本人の短距離選手は、9秒台で走ることができないのか。

その理由は、10秒を目標にしているからです

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「限界」とは、乗り越えるものではない。世界陸上銅メダリストが明らかにする才能と限界のメカニズム

この連載について

初回を読む
限界の正体ー自分の見えない檻から抜け出す法

為末大

400mハードルの日本記録保持者で、3度のオリンピックに出場した為末大さんの新境地。人間にとって、才能とはなにか。限界とはなにか。人間の心について学び、アスリートの成功と挫折を見るなかでたどりついた考えとは?? 長い間、人間の限界と呼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiroshi19911006 https://t.co/18Qp34Z1sV 3年弱前 replyretweetfavorite

serikurosawa ルーティンを、重ねることと変えること。どちらも大事ね。為末大さんの考え方はいつも好き。: https://t.co/3ToCuQHvrY 3年以上前 replyretweetfavorite