神社の迷宮

第16回】強権発動で宮司人事にも介入 官僚・世俗化する神社本庁の罪

全国の神社を管理・指導する神社本庁が揺れている。傘下神社から離反の動きが相次ぎ、それを力で押さえ込もうとして批判を浴びているのだ。過渡期にある神社界の権力中枢に迫る。

 4月1日に発令された、世界遺産にも登録されている神社のトップ人事は、全国8万の神社を統べる神社本庁の強権ぶりを象徴していた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
神社の迷宮

週刊ダイヤモンド

約10万社が存在するといわれる神社界で、優勝劣敗の二極化が進んでいる。ピラミッドの頂点に立つ伊勢神宮は、政財界との太いパイプを駆使してパワーを発揮している。その一方で、“名門”でありながら経営難に悩む神社は少なくない。国民の神社や神道...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

r28 何の役にも立たないくせにでかい顔する神社本庁ほんと要らない 3年弱前 replyretweetfavorite