六冬和生インタビュウ〈前篇〉松本城見学中の大学生、江戸時代へ跳ぶ

貧困と圧政に耐えつづけた江戸時代の農民と、彼らを救うため奔走した大学生&高校生による感涙の物語、『松本城、起つ』が刊行になりました。第1回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞してデビューした、長野県生まれ、信州大学卒、松本市在住の六冬和生(むとう・かずき)さんが地元の史実を題材にした本作。どうやって松本城と史実と時間SFが結びついていったのかをうかがいました。



■松本城に出会うまで



──二〇一六年七月に『松本城、起(た)つ』が刊行されます。本作は現代から一六八六年、江戸時代の松本藩にタイムリープさせられてしまった大学生の巾上(はばうえ)くんと家庭教師先の女子高生・千曲(ちくま)(実家は元養蚕農家、お守りは蚕のさなぎ)が、貞享騒動(加助騒動)という一揆による処罰から農民を救おうと奮闘する物語です。執筆のきっかけから教えてください。

六冬 まったく違う新作を書こうとして行き詰まっていたとき、現実逃避的に別のものに没頭した、というありがちな話です。松本の心霊スポットをネタにできないか、と探していくうちに、伝説のほうに興味がシフトしまして、二十六夜神伝説と加助の呪いという伝説に行き着きました。前者は松本城を守ろうとするもの、後者は松本城を倒そうとするものです。このふたつの相反する伝説をつなげられないもんかな、と思いまして。

■松本城■

築城四百年を超える、国宝五城の一つ。現存する五重六階の天守のなかで日本最古の城。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりとされている。

──まず貞享騒動(加助騒動)について、簡単に教えていただけますでしょうか。

六冬 松本藩で起きた、いわゆる百姓一揆です。農民一万人が年貢の減免を求めて松本城に押し寄せ、いったんはその訴えが聞き入れられたものの覆され、一揆の首謀者である多田加助をはじめとして28人が処刑されました。そのなかには16歳の少女も含まれていました。磔(はりつけ)にされた多田加助が死の間際に放った叫びが、松本城を傾かせたという伝説が残っています。実際、明治時代には松本城は倒壊寸前にありました。なお、史実、伝説と作中エピソードではビミョーに違うところもありますので、マニアックな方はそのあたりも楽しんでいただけたら。

──松本城が揺れて傾くことは、物語の軸となっていますね。そうした伝説、史実と、時間SFの要素はどのように組み合わさっていったのでしょうか?

六冬 鈴木伊織という武士が貞享騒動の際に農民のために奔走したという言い伝えが残っていますが、詳細はわかっていません。その謎めいた人物がトリックスターとして浮かび上がって、登場人物たちの声を聞き、SF的仕掛けを要請し、ピースをつなげていってくれました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

松本城、起つ』刊行記念インタビュウ

SFマガジン

貧困と圧政に耐えつづけた江戸時代の農民と、彼らを救うため奔走した大学生による感涙の物語、『松本城、起つ』が刊行になりました。それを記念して、著者・六冬和生(むとう・かずき)氏のインタビュウを特別掲載します。

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 六冬和生@mamekurageインタビュウ〈前篇〉 松本城見学中の大学生、江戸時代へ跳ぶ SFマガジン@Hayakawashobo 『松本城、起つ』刊行記念インタビュウ https://t.co/l4SwiAOmdy 国宝 松本城 https://t.co/G45K9K1AP6 3年以上前 replyretweetfavorite

Nagano_Art_plus 松本在住だけど、岡谷出身なんですね。小説家の 3年以上前 replyretweetfavorite

sarirahira 松本城、炎ミラにはまってるときに一度行ったけどこじんまりしつつめちゃうつくしかった https://t.co/wsjZyXXlZP 3年以上前 replyretweetfavorite

maniamariera cakes更新です! 松本城と史実が、SF作家の頭の中で結びついたら? インタビュウ特別公開 3年以上前 replyretweetfavorite