神社の迷宮

第7回】「坊主丸儲け」は夢のまた夢 寺に劣る神社のお寒い懐事情

八幡信仰、伊勢信仰……と同じルーツの神社グループはあれども、神社の経営は独立採算が基本だ。危機に陥っても、親密神社が助けてくれるわけではない。神社の自立が不可避な情勢だ。
 伊勢神宮を別格とすれば、神社界で一、二の格式を争う世界遺産の賀茂御祖(かもみおや)神社(下鴨神社。京都府)。

 3月23日、下鴨神社の境内で進められているマンション建設をめぐり、近隣住民126人が京都市に開発許可の取り消しを求めて京都地方裁判所に提訴した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
神社の迷宮

週刊ダイヤモンド

約10万社が存在するといわれる神社界で、優勝劣敗の二極化が進んでいる。ピラミッドの頂点に立つ伊勢神宮は、政財界との太いパイプを駆使してパワーを発揮している。その一方で、“名門”でありながら経営難に悩む神社は少なくない。国民の神社や神道...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

r28 神社はどこも厳しいよね 3年弱前 replyretweetfavorite