神社の迷宮

第6回】本業ピンチで身売り・廃業の嵐 神社「選別」時代の幕開け

氏子の高齢化、神職の後継者不足、本業の先細り──。今、神社界に身売り・廃業の嵐が吹き荒れている。もはや、氏子や崇敬者の支援に依存した経営では立ち行かなくなっているのだ。
 これまで、山梨県下で参拝者数がナンバーワンの神社といえば、武田信玄を祭神とする武田神社だった。だが、今年の初詣では異変があった。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
神社の迷宮

週刊ダイヤモンド

約10万社が存在するといわれる神社界で、優勝劣敗の二極化が進んでいる。ピラミッドの頂点に立つ伊勢神宮は、政財界との太いパイプを駆使してパワーを発揮している。その一方で、“名門”でありながら経営難に悩む神社は少なくない。国民の神社や神道...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません