一番好きな言葉は「ビリーブ マイ 鳥肌」

親友しおりからの忠告を真面目に受け止めた百鳥ユウカさん(34)。これまでの自分の来し方を振り返り、自分の選択の重大な間違いに気づきました。間違えたのなら、もう一度やり直せばいい。やり直すなら早い方がいい。一言、ゴメンと言えば許してくれるはず。ユウカさんは自分の直感を信じて突き進むことになります。後ろめたい気持ちになる生き方は一度もしたことがなかった、なのに幸せになれないユウカさんに、幸せな明日は来るのでしょうか。

ユウカにとっての不幸とは、人生にいつだって本気で、正直に真面目に生きていれば、いつか報われると思っていることだ。

" 自分の気持ちに噓偽りなく生きる。そして本当の自分を大切にする。"

心の中のリトルユウカはいつだって正直者だ。NOといえば、NOだし、YESといえば、YESだ。その判断がブレることはない。その声に従っていれば間違いはないとユウカは思っている。どんなに辛い出来事に遭遇したとしても、後から考えれば「いい経験だった!」と笑える日がくると信じている。だって、心の声に従って、そんな出来事にぶつかったのなら、きっと、それは自分にとって必要な経験だったはずだから。ユウカは、自分の直感を何よりも信じている。
(ユウカが直感を外れたことがない、と思い込んでいるのは、この考えがあるため)

だから、水に良い言葉をかけ続けたら、きれいな結晶ができて水が美味しくなるとか、植物に毎朝挨拶し続けてたらきれいな花が咲くとか、水素水を飲み続けると身体から余計な酸素が抜けて酸化しなくなるとか、頭では理解できないことも、心が理解すればすぐに信じることができた。

探し続ければ夢はみつかるし、夢も諦めなければ叶うと信じているし、

自分にとってのベストパートナーも、心のリトルユウカのおもむくままに行動していれば、いつか見つかる。そして、その相手とのロマンチックな結婚も求めていればいつか……。

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。(by 高橋歩)*

ユウカは、夢を諦めそうになると、この言葉を唱える。あんまり暑苦しすぎて人前では言えないけど、好きな言葉だ。真実と思う。
ユウカは、先日、親友のしおりから「ときめき」を外して男選びをしろ、と言われてしまった。正直、しおりの不倫話は驚きだったが、こっちの言葉は、あまりピンと来なかった……。「ときめき」を外して何を基準に選べばいいのよ。

ビリーブ ユア 鳥肌
(by 高橋歩)*

2番目に好きな言葉が心に浮かぶ。初めて聞いたときは、ヤヴァイ! まじ、そうだと思った。
直感派を自認するユウカの心のど真ん中をどんぴしゃで捉えた言葉だ。この言葉を信じたからこそ、結婚式場を何度もキャンセルもしたし、遠くでも送り迎えしてくれる彼氏を振ったし、ハゲ男と不倫にも落ちたし、男を天秤にかけるような真似もできたのだ。ユウカの中では一本筋が通っている。ビリーブ マイ 鳥肌。
※高橋歩……中田英寿以外で旅を職業にした唯一の日本人。自分の旅の思い出を元にした詩集や書籍を発表し、そのライフスタイルに憧れる根強いファンも多い。年に1度、旅祭というフェスを主催する。その日は東京中の暑苦しい若者が会場に集結するため、都心部の体感温度はやや下がるといわれている。

しかし、ことここに及んで、ユウカは素直になっていた。

しおりの言う通りにした方が、案外うまくいくのかもしれない。だって、直感を大切にした結果がこれだ。いまはまだ「いい経験だった」なんて笑える心境でもない。2人の男からフラレて、この先どうしようっていう女が、これまで通りなんて笑えない。やっぱり何かを変えなきゃいけない気がする。

しおりは、「目玉焼きの食べ方」とか「口癖」とか、なんでもいいから、ときめき以外で男を見る基準を持てって言ってた。

うーん、何も思いつかないな。

「目玉焼きの食べ方」なんて観察したこともないし、「口癖」だって、好きな口癖なんて……。

「任せろ」

ふいに思い出した元カレ隆二の口癖。「結婚式場の予約をキャンセルする女」に登場)元カレ隆二はいつも「任せろ」ってちょっと偉そうに言ってた。それがなんか可愛くて、ユウカは笑いながらいつも聞いてた。今思えば、隆二の「任せろ」は大好きポイントだったな。

それからユウカは隆二のことをいろいろと思い出した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

菅沙絵が描くcakesの人気連載の書籍化!

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masaki_kashiwa  隆二、震えてそう(恐怖で) 4年以上前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo ど、ど、どうなっちゃうんだっ!? 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 菅沙絵@sae20160325 https://t.co/XnU7yBmYSU 探し続ければ夢はみつかるし、夢も諦めなければ叶うと信じているし、 ロマンチックな結婚も求めていればいつか……。 https://t.co/G94Vjiy6yy 4年以上前 replyretweetfavorite