恋人に、別の恋人ができた!

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーであることを公言している32歳女性のきのコさんは、現在、男性Aさんと同棲中です。前回までは、Aさん以外の他の男性ともデートするきのコさんに対して、Aさんがとった行動や嫉妬心の変化について綴られていましたが、今回からはきのコさん自身の嫉妬心について綴っていただきます。ある日突然、Aさんから、「実は、僕にも他にパートナーができた」と打ち明けられたきのコさんは、何を思ったのでしょうか?

こんにちは、きのコです。

前回までは、恋人Aさんとのお付き合いの始まりから同棲に至る中で、Aさんの嫉妬心のあり方が次第に変化していったエピソードをお話しました。 今回からは、私自身の嫉妬心について、お話していきたいと思います。

Aさんが好きになったもう一人の女性

一緒に暮らし始めてから数ヶ月後のある日のこと。 私はAさんから「実は、僕にも他にパートナーができた」と打ち明けられました。

この頃、私の自宅は、まるで部室のように友人たちの溜まり場になっていました。 ネット上でポリアモリーであることやセクシュアルマイノリティであることをオープンにしていた私のところには、私の考え方や生き方に興味をもったり私と同じような価値観や境遇だったりする人がいつの間にか集まってくるようになっていて、オフ会を開いてわいわい交流することもしばしばでした。

友人たちを自宅に招いてホームパーティーを開くことも多く、家には私とAさん以外にも、頻繁に友人たちが出入りしていました。鍋を囲んだり、夜遅くまで飲んで語り合ったり、雑魚寝したり、分担して家事をしたりと、ちょっとした寮や合宿所での共同生活のような様子だったのです。

ポリアモリーの当事者だけではなく、さまざまなセクシュアリティや年齢やバックグラウンドをもつ仲間たちが集まっていて、誰一人として血縁や法律によってつながった家族ではないのに、不思議なアットホームさと居心地の良さをもつ、ネットの海から生まれた温かい潮溜まりのような空間がそこにはありました。

Aさんがお付き合いを始めたのは、その頃よく我が家に遊びに来ていた友人のひとり、Cちゃん。物静かだけれど、荒波の多い人生を乗り越えてきたことが感じられるような、強さも秘めた女性でした。

最初に感じたのは嫉妬ではなかった

AさんからCちゃんと付き合うことを打ち明けられた時、私がまず感じたのは、嫉妬よりも驚きでした。何しろAさんは、私と付き合い始めた当初は自他共に認める根っからのモノガミー(お付き合いは1対1でするもの、という考え方にもとづいたライフスタイル)だったのですから。なので、ネガティブな気持ちになるよりも私は、「Aさんは、私や私の友人たちと知り合って、ここまで変わったんだなぁ。変われるって、すごいことだ」と感激すらしました。

もちろん、「恋人に別の恋人ができる」という初めての経験に対して、多少の戸惑いや不安こそ感じはしたものの、「AさんにCちゃんのことを好きになってほしくない」「Aさんを独り占めしたい」というような反射的な嫉妬心や独占欲はほとんど湧きませんでした。私がCちゃんに対して嫉妬しなかったのは、Aさんと長い間お付き合いするうちに、「Aさんは私のことを揺るぎなく愛している」と信じられるようになっていたからだと思います。

ちなみに、私にとってのCちゃん、Cちゃんにとっての私のような、「恋人の恋人」のことを、「メタモア」と呼びます。Aさんという共通のパートナーをもつ私とCちゃんとは、メタモア同士ということになります。

Aさんにもパートナーができたことで、私やAさんの気持ちや生活がどう変化するのか、そしてCちゃんと私の関係はどのようなものになるのか、予想もできなかったけれど、とにもかくにもそうやって私・Aさん・Cちゃんのお付き合いが始まったのでした。

些細なようで見過ごせない寝室問題

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon きのコ@kinoko1027 https://t.co/FxoLZrCk63 恋人の恋人のことを「メタモア」 私に対する思いやりや気遣いというより、私がいることでどこかAさんに対して甘えきれない、恋人らしくふるまえない、というもどかしさのようなもの。 3年以上前 replyretweetfavorite

minnnaanimal ん!? 同棲中の彼氏に「他に恋人ができた」と言われ、3人で過ごしてみたら… https://t.co/XJzwBNDzDs 3年以上前 replyretweetfavorite

rebours 『「CちゃんともAさんとも、3人で仲良くできたらよかったのにな…」という、なんともいえないやるせなさのような気持ちが私の心の底にわだかまっていました。』 3年以上前 replyretweetfavorite