第8回】安定した仕事

最も安定した職業として根強い人気を誇る公務員。給料に加えて諸手当も支給され、おいしい仕事にも見えるが、外部からはうかがい知れない不満や、落とし穴もあるようだ。国会議員もまた例外ではない。

【公務員】
リストラなく手当も厚い
おいしい仕事に潜む落とし穴

 倒産やリストラの心配がなく、年功序列の昇給が約束され、さまざまな手当も付く。退職後は天下りできて、厚生年金より厚遇といわれる共済年金まで……。

 転職サイトを運営するビズリーチの協力により、「子どもに勧めたい企業」をアンケートで聞いたところ、公務員が堂々の2位にランクインしたように、「親方日の丸」の人気はいまだに根強い(アンケートの詳細は、連載最終回「子どもに勧める企業ベスト20 & リード・ホフマン(リンクトイン共同創設者兼会長)インタビュー」の図3‐4参照)。

 ただ、ひとくちに公務員といっても、主に中央官庁で働く国家公務員と、地方公共団体で働く地方公務員では、待遇や労働環境に大きな違いがある。

 例えば、あまり知られていないが、国家公務員1種試験合格者、いわゆる「キャリア」の場合、給与に加えて「副収入」がある。経済産業省の女性職員が明かす。

 「講演料や原稿料で小づかい稼ぎをしているキャリアは多い。私もよく課長補佐時代、高級ホテルのディナーをごちそうになった」

 公務員の副業は原則禁止されているが、講演や寄稿は承認を得れば可能。国家公務員倫理規程では講演料は1時間当たり2万円程度、原稿料は400文字4000円が「目安」とされているが、高度な専門知識を有するキャリアはこの範疇にとどまらない。

 例えば、昨年10~12月の局長や審議官といった幹部の副業は385件、そのうち「2万円以上の報酬」は270件に上る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
給料と仕事 将来比較【Part 2】給料が増える仕事 減る仕事

週刊ダイヤモンド

世の中には多種多様の職業がある。職業の数に合わせて、給料も千差万別だ。では、いったいいくらぐらい稼いでいるのだろうか。話題の仕事や人気の職業を中心に、最新の、そして今後の給料事情を探った。 ※この連載は、2012年7月14日号に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード