選挙特番、池上彰の圧倒的技術とライバル局の勘違い【第93回】

先日行われた参議院選。選挙特番は、テレビ東京『池上彰の参院選ライブ』が3年連続で民放トップの視聴率を獲得しました。そんななか、「池上流」を真似しようと奮闘する各メディアが勘違いしている事とは? 池上彰の隠された手法からジャーナリズムの本質を紐解いていきます。

池上彰の選挙特番は「ローカル路線バス旅」&「アド街」

速水健朗(以下、速水) 今回のテーマは参議院選挙だけど、その報道について。というか、選挙特番の振り返りをしておきたい。

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 各局が日頃起用しているキャスターや専門家を率いた総力戦シフトで取り組んでいました。視聴率では、テレビ東京『池上彰の参院選ライブ』が3年連続となる民放トップです。

速水 でもそろそろ池上彰すごいではなく、それがもたらす弊害みたいな話にシフトするべきだろうね。

おぐら 「選挙特番といえば池上彰」のイメージも強いですが、実態としてはNHKの開票速報のほうが視聴率でもずっと上回ってるんですよね。ツイッターの実況やネットニュースだけを見ていると、池上彰の話題ばかりが取り上げられるので勘違いしがちですけど、保守的な一般家庭は普通にNHKを見ている。なんだかんだ自民党が勝ち続ける構図と同じだなって。

速水 でもね、それだけ影響力は強い。特に、ほぼすべてのメディアが「池上彰コンプレックス」に陥っているのはやばいでしょ。相手がいやがる質問を政治家にぶつけるのが池上流なわけだけど、それを各局の選挙特番のキャスターが真似しようとしていたよね。でもその「意地悪な質問」のほとんどは「こんなこと聞いちゃう俺」にしか見えないという。

おぐら いまや池上さんが厳しい質問をしてくることは、候補者たちにも周知されているので、さすがにみんな事前に対策を立てている様子でした。

速水 「対池上シフト」。その典型が蓮舫。余計なことをしゃべらないぞって。政治家側が池上の誘導には絶対に乗らないぞっていうゲームになりつつある。

おぐら 今回の参院選では、民放各局「自民党が議席の3分の2をとるのか?」っていうところばかりを話題にしていて、それが重要なのもわかるけど、結果同じような話を延々と繰り返してる。だけど池上特番は、候補者や党ごとの支持母体の解説みたいなところから政治の話につなげていきます。

速水 そこね。各局が勘違いしているのは、池上選挙特番を政治報道番組だと捉えてしまっていることなんだよ。その認識で真似しようとするから大失敗してる。でも実は、池上選挙特番は、手法としては、完全にテレ東的なバラエティーなの。

おぐら そうか、「池上彰と行く 参院選バスツアー」は、まさにテレ東イズムが集約されたような企画でした。

速水 なぜかバスっていう。

おぐら わざわざバスにタレントや新人女性アナウンサーを乗せて「さあ、各党の支持母体をバスで観に行きましょう!」ってなってました。

速水 別にわざわざバスで行く必要ないから!

おぐら しかも、スタジオには峰竜太がいますしね。

速水 そこはアド街ね。「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」&「アド街ック天国」というテレ東を代表するバラエティのパロディとして選挙特番をやってるというのが、池上選挙特番として理解するとわかりやすい。

おぐら 確かに! 街のお土産屋さんとかに寄るノリで、創価学会の内部だったり、日本会議の偉い人がいる神社に行ったりしちゃってた。そういえば、バスツアーのVTRを流す時、スタジオの前振りで「今日は普段見ることができない映像をご覧いただきます」と言っていたけど、まさにそのとおりでした。

速水 日曜の朝にしか開催されない地元の朝市にお邪魔する感覚ね。そのノリで創価学会の本部に行って、まずは本部内のお土産屋の店員をいじる。その流れで、本部の広報に「ところで池田名誉会長はお元気ですか?」って聞いちゃう。あの感じは、ホンジャマカの石ちゃんのグルメレポートのテクニックの応用でしょう。

おぐら 内容はハードコアなのに、ノリはあくまでポップに。広い層へ向けた表現の理想形ですよ。

速水 そこだよね。フジテレビが報道のノリで創価学会に行って、「政教分離」を聞いたって、それは意味合いがまったく違う。全然わかってない。

池上彰のバラエティ手法から見えてくるジャーナリズム
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abm 内容はハードコアなのに伝え方はポップ> 3年以上前 replyretweetfavorite

coooper83 『外へ伝える時にはあくまで「部外者」の目線を保持する』 3年以上前 replyretweetfavorite

babyloneinblue なるほどー→ 3年以上前 replyretweetfavorite

Airi_abe これは面白いなー 3年以上前 replyretweetfavorite