第10回】国債暴落—銀行が危ぶむ最悪シナリオ 国債保有増でたまるマグマ

融資の低迷であり余った資金を国債に振り向けてきた銀行業界。保有資産の中で極端に膨れ上がった国債という風船には、暴落という“針”が迫りつつある。

 「緩やかな金利上昇なら業績に大きな影響はない」

 銀行関係者の多くは今、そう口をそろえ、表向きは冷静さを保っているように見える。

 大胆な金融緩和策によって、インフレへの懸念が高まり、長期金利が上昇(債券価格が低下)しても、そのペースが緩やかであれば、保有株の売却などで債券の損失を賄えるとみているからだ。

 その一方で、バランスシートの中で膨れ上がった国債を横目に、金利変動の最悪のシナリオを想定し、対応策を練り直すなど警戒感を強める様子も見え始めた。

 最悪のシナリオとは、2003年の「VaRショック」の再来だ。VaRは、バリュー・アット・リスクの略。金利変動の際に想定される債券などの最大損失額をはじき出し、運用の指標とするものだ。多くの銀行がリスク管理の手法として採用するため、金利変動によって各行ともいっせいにVaRの基準に引っかかりやすく、含み損の拡大を防ぐための強制的な売却が、さらなる売りを呼ぶ展開になりやすい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日銀陥落【3】~金融緩和の誤解と限界

週刊ダイヤモンド

安倍政権の言う「物価目標2%」が民意だというなら、それは聞き捨てならない。国民の多くはそれを求めていない上、大きな副作用も孕んでいるからだ。金融緩和には、誤解と限界がある。 本誌・新井美江子、池田光史、中村正毅、前田 剛 ※この連載は...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません