“明石家さんま”は、 僕が出会った中で一番頭がいい人だ

頭がいい人ってどんな人でしょう? 記憶力がいい、頭の回転早い、偏差値が高い……などいろいろありますね。でもテレビプロデューサーとして、多くの人に会ってきた角田陽一郎さんは、「明石家さんま」さんが一番頭がよかったと断言します。いったいどうしてなのでしょうか?
TBSで『明石家さんちゃんねる』『EXILE魂』『金スマ』などのヒット番組を制作しながらも、youtubeを活用した「オトナの!」など、テレビの枠を超えて活躍するバラエティプロデューサーの角田陽一郎さんのバラエティ的コラムです。

テレビプロデューサーという仕事柄、いままでさまざまな業界の方にお会いしてきました。それこそ学者や政治家、経営者、アーティスト、文化人など、職種は多岐に及びます。高学歴はもちろん、頭の良さが売りのお仕事の人にもたくさん会ってきました。

でも、「その中で誰が一番頭がいいですか?」と質問されたのなら、僕は間髪入れずにこう答えます。

「明石家さんまさんです!」

今回は、明石家さんまさんという人のすごさと、テレビのバラエティ界トップともいえる、明石家さんまさんの頭の使い方について。明石家さんまさんの知性こそが、「バラエティ化」(多様化)が進むこの世界で、これからみなに必要とされているということをお話したいと思います。

“一言多い”と“二言多い”の圧倒的な差

僕は昔から比較的“口が立つ”方でして、小学生のころ、よく妹とケンカになると、言い負かして泣かしていました。それを見た父が言ったものです。

「おまえはいつも一言多いな。二言多かったら落語家になれるのにな」

当時の僕には、一言多いと、二言多いの違いがまったくわかりませんでした。

しかし、それから20年近く経って、その「二言多い」という意味を、テレビ局に入ってから知ることになります。そう、明石家さんまさんと一緒に仕事をすることで、初めてソレがわかったのです。

そして、同時にこういうことを思いました。
「頭がいい」って頭の回転が早いとか、そういうことじゃなくて、こういう風に頭を使える人のことなんだなと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界はすべてバラエティになる

角田陽一郎

TBSで『明石家さんちゃんねる』『EXILE魂』『金スマ』などのヒット番組を制作しながらも、youtubeを活用した「オトナの!」など、テレビの枠を超えて活躍するバラエティプロデューサーの角田陽一郎さんの連載です。 東京大学で西洋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawauso_w 漫画にも必要な能力だと思う 10ヶ月前 replyretweetfavorite

dire2wk9 角田さん、すごく素敵なお話、ありがとうございます! 11ヶ月前 replyretweetfavorite

itocchi_k 最後に「疑惑のチャンピオン」薦めてるw 11ヶ月前 replyretweetfavorite

akihik0810 「うちは、業界シェア第4位ですから……」「でも、味は宇宙一でっしゃろ!」 >二言目は「そんなにかわいいのに」 / #;吉本興業 11ヶ月前 replyretweetfavorite