メラネシア密林の奥の秘密 通過儀礼としての男色【前編】

メラネシアの密林の奥で見つかった通過儀礼としての男色。そこで少年たちは、大人になるために年長者の精液を浴びなくてはならない。まだ文明に洗われていない純粋で素朴な共同体に最もプリミティブな形での男色があった!?
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

世界中どこにでもあった男色

これまでの連載のなかで、男色は年長者から年少者への教育という側面があったと書いてきました。

古代ギリシャ、ケルト・ゲルマン、イスラーム、日本の武士社会。

これらの地域では、肉体的な性交渉にまでいたるかどうかは別にして、大人と少年が恋愛関係になるのは、少年の成長にとって望ましいことと、考えられてきたのです。

また、そうした男色の起源を探っていくと、それがゴリラのオスだけの群れに行きつくことも分かりました。

「 同性愛は異常動物!?」 野生動物の愛の花園【前編】

ゴリラと人間の男色の共通点は? 野生動物の愛の花園【後編】

まだ、文明も言葉も持っていない時代でも、私たちの祖先は男色を利用して、強力な男だけの集団を作ろうとしてきたのです。

しかし、ゴリラと歴史時代とのリンクについては、まだご紹介出来ていませんでした。

また、ユーラシア大陸以外の、かつて第三世界と言われた地域の男色の実態についても、手つかずのままです。

そこで、今回はゴリラと先史時代とを結ぶリンクをメラネシアやアフリカの風俗のなかに探した後、中南米の男色についてご紹介したいと思います。

メラネシアで見つかった通過儀礼としての男色

赤道直下の太平洋に浮かぶメラネシアの島々。

20世紀まで、この地域に住む住民たちは、まだ近代文明に洗われていない素朴な文化・生活を守っているとともに、ある特殊な風習で有名でした。文化人類学者のギルバード・ハードは編著『Ritualized Homosexuality in Melanesia』(メラネシアの儀式化された同性愛)のなかで、その驚くべき風習を紹介しています。

彼らは少年を一人前の大人にするために、口もしくはアナルに精液を注入する習俗を持っていたのです。精液を少年の身体にすりこむ場合もありましたが、いずれにせよ、年長者の精液を摂取することによって、そのパワーもまた取り込むことが出来るという考えが背景にあったのは間違いありません。

実際、メラネシアの人々は、少年が大人になった後、子供を作るための精液は、この年長者とのセックスによって得られると考えていました。

通過儀礼がいかなるものか具体的に説明していくと、まず子供が9歳から10歳になると、それまで姉妹と一緒に女たちと暮らしていた少年たちは大人の男の集団によって拉致され、「男の家」という素敵なネーミングの場所に連れていかれます。

ここは女人禁制で、少年たちはそれまでの母親の優しく温かい庇護の世界から、父親たちによる厳格で過酷な世界に入ります。そして、ここで少年たちは、狩りや闘い、部族の神話や、集団のルールなどとともに、男達の精液を伝授されるのです。後に女性と結婚し子供を孕ませる精液は、この時の性交によって蓄積されていくものと考えられていたのだそうです。

なかでもキマム族は教育熱心で「これも将来のため」と毎夜7人~8人の大人たちにバックで犯されることもあったとか。

また、部族によっては、不特定多数との乱交ではなく、特定の年長者とカップルを結ぶケースもありました。ヤカイ族がそれで、彼らの場合、少年の叔父や義兄がその役に選ばれました。そして、古代ギリシャ風に言えば愛者・愛人、日本風に言えば念友・若衆に当たる、この二人の関係は質朴な社会では言葉を飾るというてらいもないのか「尻穴親子」という身もふたもない言葉でよばれたそうです。

ただ、尻穴親がセックスの際の攻め手になるというだけでなく、教師や相談相手となり、イニシエーションが終わって、いわば床を離れたあとでも、尻穴子、少年を庇護し続けなくてはならなかったというのは、古代ギリシャや日本と同じもののようです。

また、メラネシアで特に勇敢で戦争に強い部族ほど、この通過儀礼が盛んだったというのも、古代ギリシャで同性愛者だけで作った軍団が最強だったという故事や、幕末まで稚児趣味を残した薩摩や土佐が維新回天を果たした史実を思い出して、興味深いところがあります。

アフリカの男色の実態
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

amatou0809 @gomame0130 今更ですが出典これです https://t.co/Bmvz3lWC9b これはイライラされてもしょうがないwww むしろ強引にでも色々やってしまえばまたとんでも理論で「褥を共にしたからには君と結婚しないと… https://t.co/P63TPNfN5D 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

enst_gorilla @you54t2 @Ha7_k0 https://t.co/CGBdRXbhF3 約1年前 replyretweetfavorite

towa_coy 成人式ってはあれだろ、こういう通過儀礼のことやんな? https://t.co/gPYC7dYZ9G 1年以上前 replyretweetfavorite

Habsburg_Sazae 「少年を一人前の大人にするために、口もしくはアナルに精液を注入する習俗を持っていた」「年長者の精液を摂取することによって、そのパワーもまた取り込むことが出来るという考えが背景にあった」……ほぇ~……。 https://t.co/lbewNag4Yz 2年弱前 replyretweetfavorite