伊東潤 後編「複雑な感情が渦巻く日米関係と時代の空気をはっきり示したかった」

直木賞候補に5度も挙がるなどたくさんの傑作を発表してきた歴史小説作家の伊東潤さん。最新刊『横浜1963』は20世紀の横浜が舞台の社会派ミステリーです。戦国時代、幕末を題材にする事が多い伊東さんが今回選んだ「昭和38年」とは、どのような時代だったのでしょうか。
cakesで連日更新中の新刊『横浜1963』も併せてお楽しみください。

先日の第155回直木賞の候補にも挙がった『天下人の茶』は、まさに伊東さんのいう歴史解釈とストーリーテリング、どちらをも高い次元で達成した作品になっている。

天下人の茶
天下人の茶

 これまでに、戦国時代を題材としてたくさん小説を書いてきました。あの時代を書くにあたって外せない人物、それが千利休でした。いつかきっと取り組まなければいけない相手だったので、今回書き上げることができてよかった。

千利休はたしかに日本史上に名を残す大人物だが、幾多の武将たちが派手に活躍する戦国時代にあって外せない人物に名が挙がるとは、すこし意外な感じがする。

 戦国時代といえば本能寺の変や川中島の合戦を取り上げないわけにはいかない。それと同じように利休の存在というのはあります。利休はただ茶道を成したというだけではなく、時の政治をも左右する存在だったのです。現世の実質的な表の世界と、人の精神がつくり出す裏の世界、双方に手を伸ばそうとした得体の知れないミステリアスな人物です。作品では、これまでになかった利休像を提示できたと思っていますよ。

この作品は章ごとに、視点人物つまりは語り手が、どんどん入れ替わるという風変わりな構成になっている。さまざまな角度から、少しずつ利休の行動、考えが明らかにされていく様子はスリリングだ。

 これだけ捉えどころのない人物を描くには、外部の視点から書いていくことが必要だと感じたので。本人を語り手に据えてしまうと、底が浅くなってしまいがちなんですよね。外部視点だと、光の差さないところが残ったりもして、読者の想像の余地が大きくなります。

そうした工夫の効果もあって、『天下人の茶』で描かれる利休は、単に美を追求した文化人というに留まらない、異様な迫力を持って読む側に迫る。

 誰ともかぶらない自分だけの利休像というのが、僕の頭のなかにはありました。それをうまく出せたのだとしたら本望ですね。

伊東さんの現時点での最新刊にあたるのは、『横浜1963』。先述のとおり、こちらは歴史小説ではなく、20世紀の横浜が舞台。米国人と日本人のハーフ刑事が謎の解明に向けて躍動するミステリー作品となっている。

横浜1963
cakes特別掲載中!

戦国時代や幕末の題材を渉猟してきた伊東さんが、なぜ? 読む側としてはかなり驚きなのだが、ご本人としては違和感はとくにないという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

第155回直木賞候補の剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』

横浜1963

伊東 潤
文藝春秋
2016-06-08

この連載について

初回を読む
文学者の肖像

山内宏泰

文学とは、なんなのか。文学者たちは今をどうとらえ、いかに作品に結実しているのか。言葉に向き合う若き作家たちの「顔が見える」インタビューシリーズです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません