第10回】ワイン販売がうまくいったきっかけ

「売るものがない!」という状態からたくさんの生産者を訪問するうち、「自分のワインがないなら、すでにあるワインを販売すればいいんだ!」ということに思い当たった仲田さん。会社を設立して4ヶ月、はじめての仕事が決まります。その際に商売には「信用」がいかに大事かということを思い知らされたといいます。そして仕事には他にも「偶然」がつきもの。「偶然」から生まれた仕事についてのエピソードについても語って頂きました。フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村から、ワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんがお届けします。

こんにちは。
前回、会社を立ち上げるところまでを書きました。
会社を作ってから、「売るものがない」と気づいた私たちが、
その後、どうフランスでやっていくことになったのかを
書いていければと思います。

会社設立後すぐは、販売するものは何もありませんでした。
そこで、ガイドの仕事をしながら、時間があるときはとにかく、ワインの生産者訪問をして、いろいろ勉強をさせてもらい続けました。
初年度の車での走行距離は、150,000kmにもなりました。

生産者訪問をしていると、いろいろな生産者から「うちのワインを日本に売りたいのだけど、誰か紹介してもらえないか」とお願いされるようになりました。

そこで、はっと気がついたのです。
「そうだ! 自分のワインがないなら、すでにあるワインを販売すればいいんだ」と。
目からうろこが落ちた、とはこのことでした。
そこから、フランスの生産者のワインを日本に販売する仕事をはじめました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイン通信・ブルゴーニュの村から

仲田晃司

フランスはブルゴーニュのジュブレ・シャンベルタン村でワイナリーを経営する日本人醸造家・仲田晃司さんはじめての連載。仲田さんのワインのラベルには「天・地・人」という文字がきざまれています。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード