SF MAGAZINE RADAR

夏だ!エビだ!SFだ!第55回日本SF大会いせしまこんレポート

去る7月9日・10日、サミット開催地でおなじみ伊勢志摩にて、年に一度のSFの集いである日本SF大会が開催されました。開催地にちなんで名付けられる大会名、今年の名は「いせしまこん」! SF者の暑き夏をレポートいたします。(編集部)

 SF大会、それは花火大会よりも華やかで、フェスよりも熱いSF者の夏のマスト・イベント。SFを愛するファン・作家・翻訳家・ライターが集い、数多くの企画に出席しては夜通し語り明かすイベントだ。同人誌を売ったりするディーラーズやライブ・ペインティング、お茶会など、楽しいイベントも盛りだくさん。ファンと作家の距離がグンと近づくのが大きな特徴となっている。

電車を乗り継いでやってきた鳥羽。
下に写っているのは近鉄特急ビスタカー。志摩スペイン村のキャラクターがプリントされている

 第55回となる今回は、伊勢志摩の旅館「戸田家」さんにて開催された。SF大会には都市型と合宿型があり、ホテルで夜通し(!)行う今回のタイプは合宿型。

今回の合宿地「戸田家」さん。駅から近いのでさすがの(編)も迷わない

歓迎されている

 企画は13時からスタート。目を惹いたのは、広場でおこなわれる藤井太洋氏のライブ・ライティングと、加藤直之氏のライブ・ペインティング! 両氏は深夜過ぎまでぶっ続けでここでライティング&ペインティングを続け、大会中に短篇と絵を完成させる。なかなか実際に小説が書かれたり、絵が描かれたりすることを見る機会は少ないもの。真剣な両氏の表情が印象的だった。

ライブ・ライティング中の藤井太洋氏。
氏はイラストもとてもお上手なのです

ライブ・ペインティング中の加藤直之氏。
なんとライブ・ペインティングは今回で6回目!

 16時からは星雲賞授与式が開幕。星雲賞とは、ファンの投票により決定される、2016年のベストSFの賞のこと。毎年地元の名産にちなんだ副賞が贈られるが、今年は地元の名産、伊勢エビを彫り込んだ伊勢型紙。エビの大きさは等身大とのこと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
SF MAGAZINE RADAR

SFマガジン

SFマガジン誌上の情報紹介コーナー「MAGAZINE RADAR」がネットへ出張。SFに関わるニュースを編集部がキャッチし、SF好きのあなたのための情報をお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

feilong 1件のコメント https://t.co/3Tauz148Lu 2年以上前 replyretweetfavorite

feilong 1件のコメント https://t.co/3Tauz148Lu 2年以上前 replyretweetfavorite

k___takahashi 『今年の名は「いせしまこん」! SF者の暑き夏をレポートいたします』 https://t.co/jSrJOP56mO #SF 2年以上前 replyretweetfavorite

sugally ハアハア。。。→ 2年以上前 replyretweetfavorite