ブス図鑑

腹にダイナマイトだけ巻いて突っ込んでくるブスに勝てると思ったら大間違いだ

思春期は少し背伸びして、大人っぽく見られたい。年を重ねれば、若く見られたい。
ないものねだりをしてしまうものですね、人間って……。
ブスにも、そうでない人にも、時の流れは平等です。ブスだって老いるし、美人も老います。
誰の身にも降りかかる「老化」について、ブスの目線からお届けします!



日本は、ブスにもババアにもキツい国である

今回のテーマは「ブスの老化」である。

言葉としては、「死体蹴り」くらい容赦のないもののように感じられるが、「老い」が「ブス」をさらに名状し難いものに変えてしまうかというと、必ずしもそうではない。

世間がブスに冷たいのは万国共通だと思うが、日本はババアにもキツい国であり、女は若ければ若いほうが良く、18歳を過ぎれば「女子」と言われなくなり、25歳を過ぎれば、AVで言うところの〝熟女棚〟に振り分けられる。

そして、加齢で悪くなるのは容貌だけではない。年をとるごとに、周りからの扱いはぞんざいになるし、「JKに突然、金属バットで殴られ腹部を刺された上に、財布もバッチリ盗られた」など、よほどわかりやすい事態でなければ、若い女への苦言はすべて「若さへの嫉妬」で片づけられてしまうなど、立場も悪くなる一方だ。

しかし、女は若いほうが良いと思っているのは男だけではない。女本人だって、まぁそう思っている。肉体的には、やはり若いに越したことはない。

ニュートンは、その昔、りんごが落ちるのを見て、万有引力を発見したというが、そんなものの存在は、多くの女たちが「全身の肉が下に向かう」という現象で、既に気づいていたはずである。ただ、それを言えば肉が上に向くのか、という話であり、女は理論などどうでもいいのだ。

そんな「ブス」に匹敵する滅びの呪文=「ババア」であるが、実はこの呪文、ブスには効きが悪い。ムスカ(『天空の城ラピュタ』に出てくる人物)も、「なんか今日、目がかすむな」程度のダメージである。

逆に美人には、よく効く。むしろ「目がー!」どころの騒ぎではない。「目・肩・腰がー!」と、アリ●ミンのCMみたいになってしまう。

ブスの顔は生まれた時からトラブルの連続

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gattoliberoTW カレー沢薫 世間がブスに冷たいのは万国共通だと思うが、日本はババアにもキツい国であり、女は若ければ若いほうが良く、18歳を過ぎれば「女子」と言われなくなり、25歳を過ぎれば、AVで言うところの〝熟女棚〟に振り分けられる。 https://t.co/4avmVPmlnH 2年以上前 replyretweetfavorite

skbluegreen 今回も素晴らしい。もはや人生論。 失うものがない人間のほうが強い。何かを守りながら戦っている奴が、 約3年前 replyretweetfavorite

4n0d 確かに、真の意味でババァになったらもう美貌より健康だよな… 尿モレという単語の迫力で力強く納得せざるをえないw 約3年前 replyretweetfavorite

annko_511 「とても60歳とは思えぬ美貌の持ち主だが、じゃんじゃん尿モレする」の言葉の勢いがやばい 約3年前 replyretweetfavorite