石田純一と靴下

7月末に迫った東京都知事選。誰が立候補するのかで盛り上がっているこの選挙ですが、そこに突如現れたのが俳優の石田純一。結局立候補は断念したものの、マスコミの注目を集めたのは間違いありません。石田を「茶化す」報道が多かったこの件に対し、ちょっと違う視点から武田砂鉄さんが切り込みます。

クールビズ小池、ノーソックス石田

旬のニュースに対して積極的に迫るか、思いっきり茶化すかを、自分のイニシアチブだけで定めていくことに疑いを持たないオレ。そんなオレを周囲にもり立ててもらおうと促す様がどうにも露骨で宮根誠司が苦手なのだが、これから記者会見に臨もうとする石田純一が、会場となる建物の前ではなく横断歩道の向こうに現れると、宮根は「足下映してもらっていいですか?」とカメラマンに指示した。その指示を受けたカメラマンが、歩道を渡ろうとする石田の足下を映すと、現場で待ち構えていた記者は「靴下……履いていないようですね!」「(出馬表明したら)裸足の候補者が登場します!」と言い、宮根の要求に応えてみせた。

『ミヤネ屋』で放送された8日の記者会見を通しで見たのだが、都政云々よりも「妻はどう思ったか」に向かいたがる質問や、挙句の果てに「(これをきっかけに)離婚というのは……」と非礼な質問まで吹っかける記者たちに呆れた。日刊スポーツの記者は「都知事になっても、靴下を履かないというスタンスを続けるのか」と問いかけ、会見場を笑わせた。靴下に絡めて問いを投げるならば、「すでに出馬を表明している小池百合子氏は、環境大臣時代にノーネクタイ・ノージャケットキャンペーン、いわゆる『クールビズ』を提唱したことで知られますが、先日の出馬会見ではクールビズどころか暑苦しい色合いの上下スーツを着込んでいました。ネクタイを緩めてノーソックスというのは、小池氏への牽制と考えてよろしいのでしょうか?」くらいの情報を詰め込むべきだったが、記者は、ただただ「よーし、茶化すぞ!」という使命感に酔いしれてしまった。

こうなったら議論を靴下に絞る
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

goo_hori お笑い好きにしてみると、振り方が稚拙というか分かり易すぎるので普通につまらないんだが、そうでない人にはちょうどいいのかも知れない… 3年弱前 replyretweetfavorite

megamurara 「疑いを持たないオレ」「周囲にもり立ててもらおうと促す」何故か内省しました。 3年弱前 replyretweetfavorite

kitaoojisyuuiti テレビ>ワイドショウ>ミヤネヤについて考える良い材料となるでしょう。 (の記事です。)「 3年弱前 replyretweetfavorite

kiq 1件のコメント https://t.co/vMmz2RICNr 3年弱前 replyretweetfavorite