それでも僕は、外科医をやめない

世界一美しい不倫の話

今回の雨月氏は、いつもと趣向を変えて、ある人の人生と愛について語ります。彼女は多くの人に愛され、美しい人生を送っているように見えました。しかし、彼女には人には言えない苦しみがありました。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今年の梅雨は例年の暴れ梅雨と違いあまり雨を降らせませんでした。この記事が公開される頃には梅雨明けが宣言されているでしょうか。梅雨が明けると夏が来ます。ああ、もう夏ですか・・・。夏という単語にはなぜ、これほどに心踊らされるのでしょうね。花火、屋形船、浴衣、風鈴、西瓜。夏には夏にしかみられないものが多いからかもしれません。

さて、今回は不倫のお話をひとつ。

元ネタは私ではなく、シャンソニエ(シャンソン歌手)の聖児さんという方です。知人の紹介で彼を知った私は、今年の三月に初めて彼の歌を聞きました。それまでシャンソンはほとんど聞いたことがありませんでしたが、彼の全身からほとばしるようにして歌うシャンソンに圧倒され、私はすっかりファンに。シャンソンって甘い愛の歌が多いのだと思っていましたが、厳しい歌や死の香りがする歌などもあるということを聖児さんのライブで初めて知りました。たまらずもう一度彼のステージにお邪魔した時に、そこで聖児さんが話されていたこんなお話に私は胸を打たれました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

416rpm 昨日泣いた記事その1。必要最低限の情報と五感と余白。雨月先生の記事で1番好き 3年以上前 replyretweetfavorite

Lave_chamo |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない ****** 映画のような、本当のお話。 https://t.co/KQtmuYy6ok 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/yYHAgDCe56 愛しているから、別れを選び、 愛しているから、早く会いたいと言う。 その全ては愛する人の死に直結していた…。 https://t.co/erZk2SBWnc 3年以上前 replyretweetfavorite

rosebourbon @tos これ本当にフィクションみたいよな。 3年以上前 replyretweetfavorite