転職は「裏切り」ではないし、解雇通告も「不幸」だけではない

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「働くこと」について語っていただきました。仕事と母親業とをこなすなかで実感した、働くことの本質、そして、企業と個人が目指すべき、新しい雇用関係とは? 女性はもちろん、働くすべての人に読んでほしい新連載です。

転職は「裏切り」か?

— 前回まで人間関係も個人と会社の関係も、信頼に基づいて期間を定めて更新するとよいというお話でした。お二人は実践されているんでしょうか。

篠田 そうですね。そういえば以前に、若い方に自分の経歴を聞かれたとき、「10年後も糸井事務所にいるか、同じCFOという肩書きでいるかは分からないです」と答えたら、ポカーンとされましたね。

渡辺 理解の範囲を超える答えだったのでしょうね。

篠田 それで「私も会社も周りの状況も変わるものだから、今のこの役割での雇用関係じゃない方がいい、という結論が出ることは、選択肢としてはありえますよね」っていうお話をしたんですけど。もしかすると、働いた経験がないと、関係性が変わっていくという実感がないから、「糸井事務所CFOの篠田さん」というものとしてしか、私を見れないのかなと。

渡辺 なるほど。アイデンティティーの認識が、人物自身ではなく、肩書きとセットになっているんですね。

篠田 ええ、たぶん。糸井事務所のCFOじゃない自分を、私が普通に想定してるということが、すごく衝撃だったみたいなんですよね。

— 質問された方からすると、「あれ、篠田さんは今、どういう立ち位置でしゃべってくれてるんだろう? いつか辞めちゃうかもよ、みたいなオフレコの愚痴なのかな?」って思ったのかもしれないですね。

篠田 あー、なるほど。

渡辺 それがまたさっきの「信頼」という問題と関わってくるわけですよね。「会社を離れるのは裏切りだ」っていうふうに思っている。

篠田 しまった! ぜんぜんそんなこと考えてなかった。

渡辺 終身雇用という概念がこびりついていると、会社を離れるのは、恋人を捨てるような感じに思っている人もいるのかもしれません。

篠田 これまで何人とも付き合ってきているから、また別れるかもしれない、と(笑)。

渡辺 そうそう。もっと素敵な男性と出会ったら乗り替えるかも……、みたいな(笑)。そういうふうに思われたのかも〜(笑)。

篠田 まぁ、そういう印象を持たれたかもしれないですね。
 そのとき感じたのは、そういうふうに人が変わることを経験上想定できないから、〇〇大学の自分とか、〇〇会社の自分イコール自分だとどうしても思いがちだし、人のこともそういうふうに見がちなんじゃないかな、と。

渡辺 ああ、なるほど。それはけっこう良い大学に行った人にありがちなタイプだと思う。〇〇大学に行ったっていうこと自体が自分になっちゃう。前回の視点のお話で言うと、その立ち位置じゃない「視点を変えた」自分っていうのがもう考えられない。

篠田 アイデンティティーを組織に求めるのは、別に良い大学の方だけではないんですよね。人によっては、ご自身としては不本意な学歴で「ハーバードさえ出てればこうじゃなかったのに」と思ってしまったり。

渡辺 アメリカでもそういう人によく出会いますが、その発想だと不幸になりますよね。

篠田 ええ。そういう心理状態の人が、たまたま人に褒められるような学歴や職歴を持っていると、「これを失ったら自分の何かが崩壊してしまう」と思ったりする。そういう心理は少なからぬ人が持っているとは思うけれど、でも、それはやっぱり自分ではないんですよね。

転機は、来てしまうもの

— きっと読者から見ると、篠田さんも渡辺さんも、華麗な転身を遂げてここまでこられたように見えていると思います。でも、今日のお話を聞いていると、それもやっぱりトライアンドエラーの積み重ねだったということでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リンクトイン創業者が提唱する「人と企業」の新しい関係とは。

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ
ダイヤモンド社
2015-07-10

この連載について

初回を読む
母が語る、あたらしい働き方—渡辺由佳里×篠田真貴子対談

渡辺由佳里 /篠田真貴子

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ImageMansion https://t.co/mpX6AlGi34 3年以上前 replyretweetfavorite

ruun1206 未来に向けてドットをいっぱい作る話、タイミングみて子供に話してあげたい! 3年以上前 replyretweetfavorite

Quishin おもしろかった!なんか今日はこれからの働き方みたいなテーマ多いなあ。 3年以上前 replyretweetfavorite