戦いの先にある「理解」、この国のプロレスを背負う棚橋弘至の気高さ

プロレスキャスター・三田佐代子さんが間近で見てきたプロレスラーの実像を描く『プロレスという生き方』。棚橋弘至選手編の第二回は、昨年夏に対戦したDDTプロレスリングのHARASHIMA選手との試合後に露わにした怒りについて。この対立がどこへ向かうのか、不安に感じていたすべての人に、完璧な形で答えて見せた棚橋選手。その驚きの方法とは?

大ブーイングの中で

 そして2015年の夏、棚橋は再び怒りを露わにしていた。しかも今回は他団体のエースに対して、明らかに自分とレベルが違う、と怒っているのである。ファンはその真意が掴めずに困惑し、「横一線にしてもらっては困る」と言われたDDTははっきりと棚橋発言に対して遺憾の意を表明した。

 いわゆる「揉め事はリング上で決着を付ける」タイプの争いではないことを誰もが感じていた。棚橋はこの件について多くを語らなかったが、「何かを残して帰りたかったので辛辣な言葉になってしまった、G1クライマックスの直後で自分が殺気だっていたのもあった」と言った。なんとなくもやもやとしたものは残っていたが、これ以上どうにもならないだろうと私自身思っていた。

 しかしその年の11月、棚橋弘至とHARASHIMAは再びリング上で向かいあったのである。DDTの中にあるユニット、#大家帝国の自主興行、という形だったが、棚橋は新日本プロレス若手の小松洋平、HARASHIMAは#大家帝国のリーダーである、インディーレスラーの大家健をそれぞれパートナーに引き連れてのタッグマッチだった。

 DDTの、そしてHARASHIMAのファンでほとんど埋め尽くされた後楽園で、耳をつんざくほどの大ブーイングの中、棚橋は登場し、新日本プロレスの矜持を全身にまとってHARASHIMAと大家の前に立ちはだかった。試合はHARASHIMAが小松から勝利して終わったのだが、そもそも二度と対戦することはないだろうと思われた棚橋とHARASHIMAが向かい合っただけでも大きな衝撃だったのが、さらなる驚天動地の出来事が試合後に待っていたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

なぜ今また面白くなったのか?

この連載について

初回を読む
プロレスという生き方

三田佐代子

能力や技術だけでなく、己の肉体と肉体、そして人生をぶつけあうのがプロレス。プロレスは幾度かの困難な時期を乗り越えて、いま新たな黄金時代を迎えています。馬場・猪木から時を経て、現在のプロレスラーは何を志し、何と戦っているのでしょうか。長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kodzimaman 俺はあの場での棚橋に気高さなんて感じなかったし、逆に新日のエースとして情けないと思った。ファンはでいられなくなった。 約3年前 replyretweetfavorite

noppo183cm #njpw #g126 やっぱり #棚橋弘至 @tanahashi1_100 選手を #新日本プロレス @njpw1972 で観たい(*^^*) https://t.co/cK7RZaf4MY 約3年前 replyretweetfavorite

345m 「プロレスという生き方」から連載しているcakes、棚橋選手の第2回は昨夏のDDTでの出来事とその後に起きたことについて。< 約3年前 replyretweetfavorite