孤独を貫け

孤独な読書を通じて「賢い人間」と対話せよ

漫画家・小林よしのりと、「読書のすすめ」店主・清水克衛による連載対談も、いよいよ最終回。最後に、この対談のテーマでもある「孤独」になることの重要性について語っていただきました。仕事、青春、読書、恋愛、人づきあい……若者たちへの熱いメッセージが詰まった対談集、『孤独を貫け』より、一部を抜粋してお届けします。

ネットのクズに承認されて何が楽しい?

清水克衛(以下、清水) 日本人が独立心を持つには、どうすればいいんでしょう。たとえば小林先生は、依頼心を断つために親御さんがプレハブ小屋に放り込んだおかげで、喘息はともかくとして自立心が身についたわけですよね。やはり「孤独」に耐える力が必要なのかもしれません。

小林よしのり(以下、小林) 独立心を持つのは、ある意味で孤独なことですからね。「誰かがきっと助けてくれる」という依頼心は捨てないといけない。それと、人間は孤独になると他人からの承認欲求が強くなるんだよね。そうなるとSNSとかで「つながり」を求めたくなったりするから気をつけないといけない。

清水 孤独になるとは、自分で考えて思想を持つことではないかと自分は思うんです。そういう時間を持たないと、人の意見に流されるだけになってしまうのではないでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

従順な羊になるな、自分の「理想」を持て

孤独を貫け

--- - "小林よしのり" - "清水克衛"
イースト・プレス
2016-05-15

この連載について

初回を読む
孤独を貫け

清水克衛 /小林よしのり

小林よしのりは、本当に「ネトウヨの親玉」なのか? そんな問いからスタートしたこの対談。話が深まるにつれ、小林氏の「真意」と「本音」が明らかになっていきます。仕事、青春、読書、恋愛、人づきあい……悩める若者たちへの熱いメッセージが詰まっ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

S_katsuyoshi https://t.co/ys0JSzyaA5 8ヶ月前 replyretweetfavorite

nishiaratter 「ブレながら高みを目指す」っていい言葉。すごいな~。⇒ 4年弱前 replyretweetfavorite

A1iceMag1a ネットのクズに承認されて何が楽しい?|清水克衛/小林よしのり| 4年弱前 replyretweetfavorite

kyonkyonism 理解(わか)りすぎる 4年弱前 replyretweetfavorite