押切もえの小説について

二作目の小説が山本周五郎賞にノミネートされた押切もえ。惜しくも次点で入賞を逃しましたが、そのノミネートだけでなく、受賞した湊かなえの発言も含めて話題になりました。湊かなえが押切をさして言った「文芸の外の人」という言葉。果たして押切もえは文芸の外の人なのか中の人なのか、それともそんなことどうでもいいのか。武田砂鉄さんが分析します。

「文芸の外の人」と牽制した湊かなえ

三島由紀夫賞を受賞した蓮實重彦の「『ロック』な記者会見が話題」(J-CASTニュース)となり、この手の「ロック」の使い方を毛嫌いし続けてきた私は、その言葉遣いへの絶望を表現することで新たなロックを生み出せるのではないかと思ったほどだが、むしろ熟考したくなったのは同じタイミングで山本周五郎賞を受賞した湊かなえが、同賞にノミネートし次点だった押切もえ作品を手厳しく牽制したエッセイである。「小説新潮」(2016年7月号)に掲載された受賞記念エッセイには「文芸の外の人が2作目なのに上手に書けているという、イロモノ扱いのままで審査された作品と僅差だった」と、明らかに押切と分かる表現で綴り、「二番煎じの愚策に巻き込むのは、どうか今年限りにしてください」と又吉直樹の芥川賞受賞をも意識した言葉で締めくくった。

それにしても「文芸の外の人」という言い方は奇妙である。文芸の世界には、誰しも外から入る。「オレは文芸の世界に生まれた」と気持ちよく豪語してしまうのは、小説講座に十年以上も通い詰めて、生徒のはずなのになぜか評者っぽく振る舞う年長者くらいのものである。絶えず外から人が入ってくるからこそ文芸が活性化する。各選考委員の選評を通読してみると押切を「イロモノ扱い」している選考委員は皆無で、むしろ、イロモノだと思われるのは酷だろうから、そうではないと伝えるための丁寧な書き口を重ねている。タレントのマネージャーやフリーランスのスタイリスト、語学スクールの事務員など、「女性たちの希望と焦り、夢と曲がり角」(宣伝コピーより)を描く短編集を、予想以上に選考委員は褒めている。その上での苦言の呈し方が似ていて、「すべて穏やかなハッピーエンドに終わるのが納得できなかった」(石田衣良)、「心温まる話にしよう、気持ちよく読み終えられるようにしよう、という思いが先立ちすぎた」(唯川恵)といった、上手く書けているんだけど、さすがにハッピーすぎやしませんか、との注文が続いた。

すべてはハッピーのために
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

id_hoven 湊かなえはものすごいこと書いてるな。『文芸の外の人』『二番煎じ』。確かに誰だって文芸の外部から入ってくるもの。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

matsuken0217 湊かなえ、結構テレビ出てんのにそんなこと言ってんのかw 3年弱前 replyretweetfavorite

megamurara 笑った。吹いた。何故かもっと真面目に生きようと思った。 3年弱前 replyretweetfavorite

aukethic もえロック!> 3年弱前 replyretweetfavorite