ヒトラーが現代によみがえったらどうなる?『帰ってきたヒトラー』

二週連続公開するって嘘ついて申し訳ございません! というわけで、さっそく『帰ってきたヒトラー』の感想文を公開いたします。次回は『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の予定ですが、予定は未定です。引き続き江波さんの感想が読みたい映画を募集しています!



■ヒトラー、2014年のベルリンに現れる?

『帰ってきたヒトラー』の試写会に参加させていただききました。

「ヒトラーが理由もわからずタイムスリップして2014年のベルリンに現れる」というコメディ映画です。劇中では「ヒトラーの物真似してる芸人」という扱われ方をされてましたが、本人です。タイムスリップした理由はどうでも良かったのかまったく説明されませんでした。

 創作物で扱うといろいろめんどくさいことになる人の筆頭と言ってもいいアドルフ・ヒトラーさんですが、それなりにやってもいいラインはあるらしく、ナチスやヒトラーを題材にした作品は数多く見られますし僕も好きです。あんなわかりやすい悪役いない。 ドイツじゃナチ式敬礼したりナチスグッズ売ったりしても捕まるらしいですから、ヒトラーそのものの姿をした人なんて速攻逮捕されると思うんですが、ベルリンの街中をうろついても面白がられるだけで特に警察は来ない。その辺どうすかんのかなって思って見てたんですけど大事にならなくて、何せドイツの映画なので勘違いってこともなかろうし、意外とゆるいのかなって気はしました。 知り合いがドイツ行った時にのみの市でナチグッズ買ったらしいんですが、例のマークの上にシールでも貼っておけば怒られないらしいです。


■現代のヒトラー、芸人になる

 まあ考えてみたらヒトラーやナチス題材にした作品たくさんありますからいちいち怒ってられないのかも知れませんが。 実際作中でも「ヒトラー芸人なんか珍しくない」って言われてますからね。数々のヒトラー芸人が引用される始末。チャップリンからブルーノ・ガンツまで。 という訳で2014年にタイムスリップしたヒトラーもとりあえず芸人として活動していくこととなります。

 この辺がうまいなあと思って、やっぱヒトラーって良かれ悪しかれ存在感はハンパなくて、「ヒトラーと政治論を交わす企画」というのは普通にコンテンツとして面白いと思います。いきなり政治家になろうとかじゃなくて、物真似のレベルが異常に高い芸人として台頭していく辺り。言ってみたら江戸時代の殿様がタイムスリップしてきて車見て「鉄のイノシシが」みたいにパニクる状況なんですが、ヒトラーは割とみるみる現代に順応していくし、この際、芸人で道化でもいいやって言う割り切りが凄い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nobyta_ 前回の『貞子vs伽椰子』はまんまと読み逃しました!orz 不定期更新は怖いなぁ 3年以上前 replyretweetfavorite

sionsuzukaze  レビューとしては少し物足りないかな。まあ全力でレビュー書くとレビューじゃなくなる映画ではあるのだけど() 3年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo cakesにて江波光則さんの映画レビュー更新!! 江波光則さんにレビュウして欲しい作品を募集中! 3年以上前 replyretweetfavorite