赤坂のカエル

第8回】謎の奇病にかかる

ウェブ編集者中川淳一郎さんが、フリーになったころを振り返るエッセイ。TVブロスでの「SMAP解散シミュレーション」企画に暗雲が立ち込めている新人ライター中川さん。お話はその置き手紙を見届け、中川さんが次の取材先に向かったところから始まります。SMAP解散企画はどうなるのか? そして中川さんを襲った奇病とは?

結局SMAP解散企画はどうなったか

K編集長の机の上の「企画は即刻ナシに」との置き手紙を見届けた私は、その後東京外語大学のイスラム教に詳しい教授の取材に行ったのだが、取材が終わって同大学の便所で小便をしていた時にK編集長から電話が来た。

K編集長 中川さん、今大丈夫ですか?
 はい。おしっこしていますが大丈夫ですよ。
K編集長 実は……。
 企画がなくなるんですよね?
K編集長 もうご存知だったのですね(笑)。
 はい。たまたま、今朝、デザインを見ようとセブンの向かいのブロス編集部に行き、Kさんの机を見たら置き手紙があるのを確認しました。
K編集長 そうなんですよ。大変申し訳ないのですが、そういうことになりました。
 大丈夫です。事情は分かります。
K編集長 たいへん申し訳ありません……。

私自身は実はこの時、少しホッとしたのである。散々大澤さんから自分の文章力にダメ出しをくらっていただけに、4ページもの原稿を一人で書けるか不安で仕方がなかったのだ。だから、正直、企画が吹っ飛んだことに対しては安堵の思いを抱いていた。

なんせ、日経エンタ! やセブンの場合は、大澤さん・嶋さんという後見人というか、企画を全面的に見てくれる上司がいるものの、ブロスの場合はK編集長が私の文章力を事前にチェックすることなく、全面的に私に企画を任せてくれていたからだ。だからこそ、すべての責任を自分で負うことに対して不安があった。そんな折りの企画中止である。K編集長の申し訳なさとは裏腹に、私自身はかなりホッとしていたのである。

というか、今さらながら思うのだが、K編集長という人は実に剛毅な人ではないか! 「博報堂にいた」というだけの理由で仕事を発注してくれ、私の周囲にどんなスタッフがいるのかも確認せず、企画力も文章力も一切チェックすることなく総額20万円の仕事を発注してくれた。いや、剛毅というか無茶苦茶である。

今、ライターや編集者に発注する立場の私であっても、K編集長ほど無茶苦茶な発注はできない。ある程度力量は面談をするなどして把握してから仕事はお願いする。よくよく考えるとかなりラッキーな受注であった。

このことを大澤さん・嶋さんという私の文章能力・取材能力・企画力に懐疑の心しか持っていない二人に伝えたところ、異口同音に「えっ? お前みたいな素人が仕事取れたの?」と驚かれた。

「それがそうなんですよ~(ガハハ、オレだってやる時はやるぜ、ドヤ! 見る人が見れば、オレは優秀なんだゾ! 認めてくれる人がいるんだゾ!)」とその時々は鼻高々だった。

目の前のお金よりも嬉しい言葉

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
赤坂のカエル

中川淳一郎

ライター、編集者、PRプランナーとして『NEWSポストセブン』などのニュースサイトの編集を手がける中川淳一郎さんのエッセイ連載! 日本のウェブ業界で、強烈な存在感を放つ中川淳一郎は、いかにして中川淳一郎になったのか。その生き様を赤裸々...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません