ブス図鑑

ブスハラは「我こそブスである」という説明から始めなければいけない

ブスを取り巻く世の中の風潮から、現代社会に蔓延る「ハラスメント」問題に辿り着いた「ブス図鑑」。なにやら難しい問題を、ブス視点から非常にわかりやすく解説していきます。
ブスがブスを救う日がくるかもしれない、「ブス図鑑」。
「ブス図鑑」を読めば、ブス的お作法、そしてブス的教養がしっかりと身につきますよ!

「ブスな方のペドロ山さん」とはなかなか言わない

今回のテーマは「ブスハラスメント」である。

「セクハラ」「パワハラ」「アルハラ」「マタハラ」など世の中には多くのハラスメントがあるわけだが、「ブスハラ」はあまり言われない言葉である。
しかし、言わないから〝ない〟というわけではなく、確実に存在するはずなのだが、ブスであることは一目でわかっても「ブスハラ」というのは実にぼんやりしている。

そういう私も、「我ブス故に、我今損した」というような、容姿によるハラスメントを大人になってから明確に受けた記憶があるかというと実は、ない。されたことはあるのだろうが、気づいてないのだ。
というのも、子どもの頃はブスなら男子に「ブス」と、からかわれたり、いじめられたりもあっただろうが、大人になるとブスに対する男性の態度は「無視」に変わる。

つまり、美人は厚遇だが、ブスは冷遇ですらなく、必要がない限り関わろうともされないため、差別ではあるが、これがハラスメントに当たるかは微妙であり、されても気づきにくいのである。

また、ハラスメントというのは、する側はハラスメントという意識が全くなく、むしろギャグ、コミュニケーションと思っている場合が多い。

例えば、同じ部署に「ペドロ山」という女性が二人いたとして、「若くない方のペドロ山さん」「重い方のペドロ山さん」「150キロの速球を放ちそうな剛腕のペドロ山さん」などと呼ぶのはセクハラだが、言う方はむしろ気の利いたジョークのつもりで言っており、言われた方も「セクハラですよ」と注意できるのは少数派であり、「やだ課長、150キロなのは握力の方ですよ」と相手の首を小気味よく折るぐらいのジョークで返すしかない、というのが残念ながら現状である。

しかし、そういう奴でも「ブスな方のペドロ山さん」とはなかなか言わないのである。年齢や体型をからかう空気は未だに蔓延しているように思うが、顔のことを言うのはさすがに一発退場、むしろベンチから監督まで飛び出ての大乱闘であると、自らも全裸で出勤してくるぐらいデリカシーのない奴じゃない限りわかっているものである。

それに「『ブス』は、『バルス』に匹敵する滅びの呪文だ」とこのコラムで書いたが、言う方にとっても滅びなのだ。ムスカの目もイカれるが、シータとパズーも両目を押さえて悶絶、というダブルノックアウト形式である。

ブスババアというと、ナイフみたいに尖りすぎて持つところがない

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Chizthiz https://t.co/itwJtnfG76 2年以上前 replyretweetfavorite

ketuagoyang あー、おもろ。BBBおるよなー。 4年以上前 replyretweetfavorite

minottieiz 今回はマジで、ちょっと泣ける。BBは貝になるしかないのかよ…。 4年以上前 replyretweetfavorite

pippin_days ナイフですら持ち手があるのに> 4年以上前 replyretweetfavorite