心のベストテン

獄中の木嶋佳苗をトリコにするオシャレなバンドの秘密

さまざまな文化が異なる関東と関西ですが、音楽においてもまったく異なる文化が育っているそうです。J-Waveどころか獄中の木嶋佳苗も夢中な、オシャレ関東代表Suchmosの本質とは。そして、芸人ばりのツッコミをみせる関西代表の岡崎体育の振り幅とは?
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

東のオシャレ代表Suchmos

柴那典(以下、柴) 今回は、東京と関西の話をしようと思うんです。お笑いの世界ではよく言われることですけど、音楽シーンでも東京と関西の文化の違いが目に見えて違うものになってきてる。
 結論から言うと、東は「排他性」、西は「母性」ってキーワードで語れるんじゃないかなって。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 排他性と母性? おもしろそう!

 というのも、まず今の時代、東京ローカルと関西ローカルで全然違う音楽文化が育ってると思うんですよ。

大谷 たしかにね。しかもどっちもおもしろいバンドがどんどん出てきている。

 そう。まず東の話からいくと、僕は今の「東京っぽさ」を象徴しているバンドはSuchmosだと思っていて。

大谷 Suchmosね! ネオシティポップの話「音楽と資本の蜜月の終わり! ネオシティポップの"新しさ"とは」でも話題にしましたよね。

 あの時はceroやAwesome City Club、Yogee New Wavesと並べて語りましたけど、彼らは「STAY TUNE」という曲でちょっと違ったステージに行った気がする。

大谷 最近、僕はSuchmosを「J-WAVEを救ったバンド」と言っているんですよ。もしくは、ショーンK騒動から救ったバンド(笑)。

 あははは、J-WAVEを支えていると。

大谷 1日にどれだけかかるんだよって。でも非常にJ-WAVEらしいですよね。洋楽のフレーバーも持っているし、不良っぽいところとかが絶妙にオシャレ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Un_Kermit @piropilen こういう取り上げられ方とか、ちょっとなんだかなぁ、と。 https://t.co/kUA5FZQfe7 3年以上前 replyretweetfavorite

yuco70 サチモスをおおっぴらに聴けないのは流行りに乗るのが恥ずかしいとかじゃなくて、知ったのが木嶋佳苗のブログでそれを紹介してたのがダイノジの大谷だからなんです。https://t.co/gwZaKvry7K 4年弱前 replyretweetfavorite

_gadolf 木嶋佳苗とか結構忘れられがちな名前を引用するタイトル。 4年弱前 replyretweetfavorite

deo600 CMでSTAY TUNE聴くたびにこれ思い出す 約4年前 replyretweetfavorite