面接官を逆面接しろ!vol.2面接官の真意を汲み取ろう

今回は面接を受けた経験のある人なら、みな悩んだことのある疑問点について解消していきます。 面接ではどこを見られているのか?この質問の正解って何? 企業側の意図を丸裸にしてしまいます。

どこまで「本音」を出すべきか?

 面接本来の目的とは、面接に臨む両者(求職者と面接官)が「この人といっしょに働きたいか?」について、お互いに確認し合うことである。
 この前提に立って考えるなら、理想的な面接とは、お互いが腹を割って本音で語り合う場になるはずだ。自己PRから自分の仕事観、相手に求めるものまで、腹を割って語るほど「この人といっしょに働きたいか?」は明確になる。
 ところが、実際の面接ではなかなかそうはならない。むしろ本音を押し隠し、腹の探り合いにも似た奇妙な心理戦がくり広げられるものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
売れ残る時代」の転職術

三田紀房

『ドラゴン桜』『エンゼルバンク』の作者として有名な三田紀房さんのビジネスのエッセンスをお届けした人気連載「会社に左右されない仕事術」。 その第二弾として、今回からは「転職」をテーマとした「「売れ残る時代」の転職術」をcakesでお届け...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 最近、面接をよくしているんですが、する側から見てもすごく腑に落ちます。 約5年前 replyretweetfavorite

fumiken 面接で「雪が溶けたらどうなると思いますか?」と聞かれた場合、どんな答えがベストアンサーか。 約5年前 replyretweetfavorite