男を振るときは容赦がない

酔った勢いで男を競争させるゲームを始めた百鳥ユウカさん(34)。不倫男・桜井の振る舞いで湧いたドキドキを打ち切られて少し不機嫌になったユウカさんは、気の利かない男・大輔の元に向かいます。運命を感じない男、大輔に一発逆転の目はあるのでしょうか? そして、ゲームの結末はいったいどうなってしまうのでしょうか。

昼間は丸の内で働くユウカだが、住まいは東東京(ひがしとうきょう)の下町にあった。下町風情なんて感じられないくらいに都会化しているが、5分も歩けば江戸時代からあった商店街があり、大きく有名な川が流れている。

最寄りの駅までの距離は歩いて5分程度だ。ユウカの足取りは重かった。駅の隣には、大輔が待っているコンビニがある。

小雨の中、桜井(ハゲ)からもらった3本のワインを掲げて歩くのは、女の足にはしんどい。

「はぁ……、コレは大輔に見せるわけにはいかないな」

ユウカは赤・白・ロゼの3本のワインを、ひとまず自宅マンションの宅配ボックスに置いて身軽になった。そして、よく考えたら自分がスウェット姿であることを思い出す。

さっき、桜井を迎えるのに勢いよく飛び出しすぎたからだ。

「あー、もう、めんどくさい」

ユウカは、自分が大輔を呼び出したという事実をすっかり忘れているようだ。
スウェットだから、なるべく人通りが少ない道を選んで駅前に向かう。幸い小雨も一旦止んでいた。

(みんな、相手を断る時って、どうしてんだろう?)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

菅沙絵が描くcakesの人気連載の書籍化!

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 菅沙絵@sae20160325 https://t.co/MVSZV95TY8 ちゃんとお付き合いして将来のことも考えられたら もしもワインの酔いが醒めても 本気で好きとつぶやいたこと 心の片隅に覚えてて https://t.co/FQE1kyyb6a 4年以上前 replyretweetfavorite

c_manami_001 ぬおー…ぬおー…なんかありそうな話だ(笑) 4年以上前 replyretweetfavorite