第5回】オープンデータから分かった不動産の「割安」地域はここ!

官公庁や民間企業が公開している情報(オープンデータ)は「宝の山」といえる。ここでは統計分析を駆使し、オープンデータから不動産取引価格の「割安」な地域を導き出してみた。

 大阪湾の沿岸部に位置し、大阪でも「下町の下町」(不動産関係者)と称される大阪市大正区。鉄道駅は区内に一つしかなく、オフィスの需要も少ない地味な地区だ。それなのに今、不動産取引に異変が起きている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ニッポンご当地まるごとランキング

週刊ダイヤモンド

さまざまな視点から日本の各都道府県、市区町村を対象としたランキングを作成してみた。あなたの故郷は登場するだろうか。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません