“人肌”は、自分のすべてを救ってはくれなかった

pixivで累計480万PVを記録し、6月に書籍化して話題となっている『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』。28歳、性的経験なしの永田カビさんが、「レズビアン風俗」にいくまでの一部始終を赤裸々に綴った実録マンガですが、単なる体験記ではなく、自身の内面に向き合い、自分の人生を取り戻していく姿に、多くの人の共感と感動を呼んでいます。著者の永田カビさんに、書籍化の裏話や、現在の心境、家族とのかかわりかたなどをお聞ききしました(前編「人と接するのが苦手な人は、思ったよりたくさんいる」はコチラ)。

家族にも読まれてしまった……

—『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』では、永田さんが「さびしさ」をかかえた大きな原因として、ご家族との関係にふれています。書籍の内容はご家族も読まれたんでしょうか?

永田 家族や親戚にも読まれてしまいはしたのですが……「レズ」「風俗」部分にショックを受けて、あまり他の部分が頭に入ってこなかったのかな……というような感想でした。母からは「性病には気をつけろ」というメールがきた。

—たしかに性病は注意した方がいいものではありますが……。

永田 うーん、私の「さびしさ」についてできるだけわかりやすく、詳しく描きはしたのですが、それは日頃彼らが「そんなこと言って怠けてないで働け」と一蹴していることにすぎないので、読んだけどなんとも思わなかったのかも……。
 「永田」というのはペンネームなのですが、母親が「娘が描いたってばれたら恥ずかしい」と言っていたり、どうやら祖父母にはまだ隠されてるようだったり、腫れ物扱いは受けていますね。

—永田さん自身は、今後ご家族とどうかかわっていくつもりでしょうか?

永田 一人暮らしも始めましたし、できるだけ実家の両親や祖父母に何も求めずに生きていきたいです、金銭的な援助はもちろん、精神的な甘えとか……。


永田さんの一人暮らしのお部屋

—マンガのなかでは、「成人してからもお母さんに子供のようにひっついてしまっている」という描写がありましたが、この頃はどうですか?

永田 案外平気ですね! 母親が目の前にいるとつい「触っても許される肉体」として見て触ってしまっていたんですが、接触していても不思議なくらい心が満たされなかったので……。レズ風俗体験でも実感しましたが、やはり単なる人肌ではだめで、信頼関係が必要なんですよね。

—それに気づいたというのは大きな一歩ですよね。家族関係で悩んでいる方に何か伝えたいことはありますか?

永田 状況は多種多様だし、無責任なことは言えないのですが……親の言うことを聞いて損害を被ったとしても、親は責任をとれません。よく考えてから聞くようにするか、聞かないようにしたほうがいいですよ……かな。
 それと、自分の母親と、自分の求めている理想の母親とは別モノなので、自分が求めてるものが何なのかきちんと考えてみては……とも思います。

レズ風俗には3回行った

—永田さんは単行本おまけ編で、もう一度レズ風俗を利用しています。これは取材のためだったんでしょうか? それともまた人恋しくなって?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一人交換日記』『レズ風俗レポ』永田カビインタビュー

永田カビ

「レズビアン風俗」にいくまでの一部始終を赤裸々に綴った実録マンガ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』や、過去と未来の自分に向けて綴ったエッセイコミック『一人交換日記』が話題沸騰中の永田カビさん。書籍化の裏話や、現在の心境、家族との...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hikichin この漫画、心の内面の話なのに、世間体の方を気にしてる時点で、親の業が深いなあと。> 約3年前 replyretweetfavorite

lesbian_tokyo https://t.co/XNCblI8ZCq 約3年前 replyretweetfavorite

coss_moss719 永田さんの親に対する考え方についてはもう同意しかない、極端な話感謝しとけばあとは… 約3年前 replyretweetfavorite

imanihcam pixivの時から大好きだった漫画を買った◎自分の行動原理について改めて考えた… 約3年前 replyretweetfavorite