太刀川英輔(デザイナー)→堀井秀之(東京大学i.School エグゼクティブディレクター) Vol.3
「スティーブ・ジョブズを育てることはできますか? 」

今回インタビュアーを務めるのは、NOSIGNERの代表として幅広い領域のデザインを手がけ、東日本大震災の直後には、被災地での生活を助けるアイデアを集めるデータベースWiki「OLIVE」を立ち上げたことでも注目を集めた太刀川英輔さん。そんな太刀川さんがインタビューするのは、「イノベーションの学校」を謳う東京大学の教育プログラム「東京大学i.school」の堀井秀之さん。最近、アジア新興国のイノベーターを発見・体系化・啓蒙していくプロジェクト「Design For Freedom」を発足した太刀川さんが、デザイン主導のイノベーションの可能性について聞きました。

スティーブ・ジョブズを育てることはできますか? 

Q.生まれたアイデアを質の高いアウトプットに落としこむという部分については、どうしても個人のクオリティラインに左右されてしまうところがあるような気がしています。その段階で、オーナーシップが個人に戻ってしまうという葛藤が僕自身の中にあるんです。例えば、アップルの場合は、スティーブ・ジョブズという強力な個人がチェック機構になっていましたよね。

堀井:i.schoolは、スティーブ・ジョブズのような人を育てることが目的ではないんです。ゆくゆくはそういう人も出てくるかもしれないけど、私たちが目標にしているのは、創造的な課題が与えられた時に、どういうプロセスを踏めばそれをクリアできるのかということを設計できる人材を育てることです。その課題に必要な人や情報を集め、チームを作り、作業を進めてゆくというプロセスを設計することが大切なのです。ひとりのスタープレイヤーがいた時に、その人に何を組み合わせればよりスゴいものが生まれるかを考えることが課題であって、もしスティーブ・ジョブズが必要なら、極端な話、調達してくればいいんです。そもそも、育てようと思って育てられるようなものでもないですからね(笑)。



Q
.「スティーブ・ジョブズは調達するもの」。これは名言ですね(笑)。課題解決のためのプロセスや定石のようなものが作れれば、あとはそれを色々なところにインストールしていけばいいわけですよね。それによって、誰もが優れたイノベーションを生み出し得る状況ができたら面白いですね。

堀井:一般的に、先ほど話したアブダクションというのは、無意識の内に行われるもので、言語化できないと思われています。過去の経験が記憶として蓄積されていて、ある目的を果たす手段を考える時に、直感的に必要なアイデアが思い付くという流れです。でも私は、無意識のうちに行われているアブダクションを言語化して、説明できるようにしたいのです。さらに言うと、その説明を使ってアイデアを思い付くというところまで持っていきたい。

Q.体験を言語化していくということですね。

堀井:例えば、イチローは、自分のバットスイングをすべて言語化するトレーニングをしているといいます。スポーツの世界では、言語化することは良くないと言われていて、いかにそれを無意識でやれるようにするかが課題という考え方があります。でも、イチローは、自分のその日のスイングを非常に精緻な記述で分析するのです。つまり、自分の無意識の部分に意識を当てて言語化し、それをぎこちなくなるまで練習することで、無意識だけでは到達できない高みに上がれるというわけですね。アブダクションの思考が起こる瞬間を順解析していくのは難しくても、それが起こった時の思考を、後から逆解析して言語化するということは可能だと思うのです。もしそれができれば、素人でもある程度の高みまでは上がれる可能性があるということですよね。アブダクションの思考においてアナロジー(類推)というのは間違いなく重要なキーワードだと思っています。

イノベーションに本当に必要なことは何ですか? 
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード