太刀川英輔(デザイナー)→堀井秀之(東京大学i.School エグゼクティブディレクター) Vol.2
「生まれたアイデアは誰のものですか?」

今回インタビュアーを務めるのは、NOSIGNERの代表として幅広い領域のデザインを手がけ、東日本大震災の直後には、被災地での生活を助けるアイデアを集めるデータベースWiki「OLIVE」を立ち上げたことでも注目を集めた太刀川英輔さん。そんな太刀川さんがインタビューするのは、「イノベーションの学校」を謳う東京大学の教育プログラム「東京大学i.school」の堀井秀之さん。最近、アジア新興国のイノベーターを発見・体系化・啓蒙していくプロジェクト「Design For Freedom」を発足した太刀川さんが、デザイン主導のイノベーションの可能性について聞きました。

生まれたアイデアは誰のものですか?

Q.イノベーションの段階には、集合知的に行う拡散パートと、個人で行う収束パートがあって、類推して仮説を導く瞬間はひとりだけど、その仮説を検証していく過程は集合知化できるということですね。そのプロセスの循環というのは、そこで生まれたアイデアに対するオーナーシップを集団化させていくということでもあると思います。例えばそれは、デザイン事務所のあり方を考える上でもポイントになりそうですね。

堀井:そう思います。アイデアが絞られて実現に向かっていく時に、そのアイデアを自分個人のものと思うのか、グループ全体のものと思うのかは大きな違いです。良いアイデアを出してそれをどこかに納品するということであれば,個々が出したアイデアを投票制で選択すればいいかもしれないけど、自分たちがそれを実現していくというのであれば、アイデアをそのグループ全体のものとして考えていけるかが大切です。その気持ち作りという面もi.schoolにはあるのです。

Q.本来デザイナーというのはオーナーシップの塊です(笑)。賞を目指すということや名を上げることもそのひとつで、僕自身も気張ってやってきたところがあったけど、最近はちょっと違うなと思っています。それは、オーナーシップが集団に属している方がうまくいく場合があると思っているからなんですが、オーナーシップのあり方は組織にどんな影響を与えるとお考えですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード