暴言王トランプがメルトダウンする6つの理由

民主党はヒラリー、共和党はトランプと、本選の党代表が決まりました。破竹の勢いのトランプでしたが、渡辺由佳里さんは、トランプ人気が崩壊すると予言します。その6つの理由とはなんでしょうか。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

共和党の予備選でどんな暴言を吐いても勝ち続けてきたトランプだが、民主党サイドでヒラリーが指名候補の座を確実にした。

つまり、実質的な本選が始まった今、トランプの「無敵」の魔力が消えようとしている。

私は、近いうちにトランプのメルトダウンが始まると思っている。その6つの理由をご説明しよう。

①トランプは逆境に弱い

「予備選で見えてきた『部族化』するアメリカ社会」というコラムに書いたが、「アルファ(群れを支配する強いオス)」としてのイメージが、トランプ人気の秘密だ。

保守の立場から政治を分析するコメンテーター/ブロガーとして有名なマット・ルイスは、次のように説明している。

「(ライバルとの戦いが多い)部族では、リーダーを選ぶときの基準は、経験や知恵ではなく力だ。現在私たちが目撃していることの大部分は、基本的にマッチョさ(男らしさ)という下劣なものなのだ。つまり、『あいつらは俺たちをやっつけようと企んでいる。だから、その前に一番タフな奴にやっつけてもらわなくては』という考え方だ。トランプの支持者は、政治の中枢にいるなよなよした候補者の中で、トランプだけを『アルファ』とみなす。それが支持者の主要な論拠なのだ」

だが、トランプは逆境に弱い。

アイオワの予備選でテッド・クルーズに負けて2位になった翌日のラリーに出席したところ、トランプは政策についてはほとんど語らず、「何もキャンペーンをしていないし、金も使っていないのに2位になった俺はすごい。俺が本気になっていたら、簡単に勝てていた。マルコ・ルビオはあんなに頑張ったのに3位だった。それなのにメディアはマルコばかり褒める」と、終わった選挙のことをくどくど話し続けていた。最近の世論調査でヒラリーが大きな差をつけて優位になってからのトランプのスピーチにも、同じような小心さが見られる。

トランプの支持者は、「常勝スポーツチーム」や「アルファ男」が好きな人たちだ。そういった人たちは、アルファが敵に叩かれて弱みを見せたとたんに尊敬を失う。その対戦相手が女性だったらなおさらのことだ。

「悪徳ヒラリー(crooked Hillary)」という蔑みのニックネームをつけて対立候補を揶揄する戦略は予備選では効果的だったが、本選での幅広い有権者に対しては幼稚で情けなく響く。外交や政治のディベートで、冷静沈着に具体的な対策を述べるヒラリーに対して、口ごもったり、顔を真っ赤にして罵ったりしたら、アルファ男としてのトランプのイメージに傷がつく。

そこまで考えて行動できないトランプは、墓穴を掘る可能性が高い。

②「持ち上げて、落とす」という世論やメディアの傾向

予備選でのトランプの意外な好戦はメディアにとって格好の材料だった。彼の暴言を報道しながらも、政策面で強く攻撃することはなかった。しかし、予備選が終わったいま、大手メディアはトランプに対して厳しくなっている。

また、ネット世代の支持者は、飽きるのも早い。次々と新しい刺激を与えないと人気番組の視聴率が落ちるように、トランプの過激なパフォーマンスに魅了されていた人々も同じ芸だけだと飽きてくる。急速に燃え上がった情熱は、さめるのも早い。いったん欠点があることに気づくと、彼らは簡単に失望して離れていくだろう。

その点、長年にわたる数々のスキャンダルを知りつつもヒラリーを支援している人たちは、ヒラリーを完璧な人間だとは思っていない。だから少々のことでは失望しないし、気も変えない。持ち上げられることも、落とされることもないヒラリーのほうが長期的には有利になる。

③トランプはいまだに予備選を戦っている

トランプは、ツイッターでの暴言でフォロワーを集め、大手メディアに毎日のように取り上げてもらうことで、低コストで共和党の予備選に勝った。これは、近年の大統領選挙の歴史に残る快挙だ。

しかし、予備選と本選は、まったく異なるゲームである。

これまでの予備選では、トランプは「共和党」という特定のアジェンダを持つ集団だけを対象にしていれば良かった。だが、本選では、リベラルを含むアメリカ国民全員が対象だ。本選になると、国民は大統領にふさわしい知識、気質、風格を求めるようになる。

また、アメリカの大統領選挙は、最も得票数が多い候補が勝つわけではない。州レベルで勝った候補が、その州に振り当てられた「選挙人団(Electoral College)」を全部獲得するという「勝者総取り」のシステムだ(メインとネブラスカは例外だが結果に影響はない)。ゆえに、どの州に資金と人材資源を投入するのかという綿密な戦略が必要になる。

予備選での勝利を決めた時点でトランプがやるべきことは、外交や経済の専門家、スピーチライター、選挙キャンペーンのプロを雇い、オハイオやフロリダなど勝敗を決める重要な州に選挙事務所を設け、地元の直接有権者に働きかける「地上部隊(ground troop)」を雇い、ボランティアを募ることだった。

しかし、早期に指名候補の座を獲得したにもかかわらず、トランプはいまだに予備選と同じことを続けている。

④資金がない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe #アメリカ大統領選 #トランプ 6月の私の予測が的中! 特に①と②に注目 > 12ヶ月前 replyretweetfavorite

syoyuri "ネット世代の支持者は、飽きるのも早い""トランプの過激なパフォーマンスに魅了されていた人々も同じ芸だけだと飽きてくる。急速に燃え上がった情熱は、さめるのも早い。いったん欠点があることに気づくと、彼らは簡単に失望して離れていくだろう"https://t.co/Kh4WZFfS6i 約1年前 replyretweetfavorite

syoyuri 今年6月に書かれた渡辺さんの記事。 トランプ人気が崩壊するという予言、改めてスルドイ! 約1年前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe これは6月時点での私の #トランプ 分析です> https://t.co/0DgYidgRpW https://t.co/d2qxW3IIGW 約1年前 replyretweetfavorite