棋士とメシ

電王戦のおやつを食べる-第1局

将棋のネット中継で目にする食事やおやつ。「おいしそう!」と思っても、実際には食べられません。しかし、近所のお店で売っているとしたら・・・。


(ナチュラルローソンで買ってきた電王戦のおやつ)

 将棋の強い人間の代表である棋士と、恐ろしいまでに強くなったコンピュータが対戦する電王戦は、2016年、新しいステージへと進んだ。棋士とコンピュータ、それぞれのトーナメントを勝ち上がった同士が、2日制の対局で、二番勝負をおこなう、というスタイルだ。

 棋士のトーナメントである叡王(えいおう)戦を勝ち抜き、初代叡王位に就いて、人類の叡智を代表する立場となったのは、山崎隆之(やまさき・たかゆき)八段。独創的な序盤作戦、そして劣勢(山崎の講座名でいえば『ちょいワル』)な局面から追い上げる卓越した中終盤力を誇る。現在35歳で、NHK杯優勝など、数々の実績を積み重ねてきた、一流棋士だ。広島県出身で、現在は関西本部に所属し、そのルックスから、「西の王子」とも呼ばれてきた。

 一方、電王トーナメントを勝ち抜いて、コンピュータソフトの頂点に立ったのは、Ponanza(ポナンザ)。東大将棋部出身の山本一成(やまもと・いっせい)が在学中から開発を始めた。電王戦では、2012年から連続で出場して、佐藤慎一四段、屋敷伸之九段、村山慈明七段を相手に3連勝。人間を凌駕するまでに強くなったコンピュータソフトの中でも、さらに群を抜いて強いのがPonanzaである。

 そもそも、将棋という分野における人間とコンピュータの関わりは・・・。と、始めてしまうと長くなるので、本連載ではやはり、対局者が食べているものにスポットを当てる。

 電王戦第1局の対局場は、岩手県・平泉町の中尊寺だった。松尾芭蕉『奥の細道』に記された「五月雨の降り残してや光堂」という句でも有名である。中継サイトの情報によれば、Ponanzaの山本さんと、共同開発者の下山晃(しもやま・あきら)さんは、「こんじきラーメン」という名の味噌ラーメンを食べたという。一方の山崎叡王は、地元のブランド牛を使った、前沢牛丼。そうして紹介されてみれば、どちらのメニューも興味深い。同じものを食べてみたい、と多くの人が思うだろう。しかしその願いは、現地まで行かないことには、叶わない。ほとんどの人にとって、無理である。

 しかし、電王戦で、スポンサーのローソンが提供しているおやつは違う。近くにナチュラルローソンの店舗があれば、まったく同じものを購入することができる。

 第1局の午後のおやつ(飲み物をのぞく)は以下の通り。

・1日目  山崎、山本、下山:ビスコ(ブルーベリークリームサンド)

・2日目  山崎:京挽ききなこくるみ  山本:ベジップス(さつまいも、にんじん、かぼちゃのチップス)

 いずれも健康的な感じだ。筆者は出先のナチュラルローソンで、これらのおやつを全て買ってきた。そして、家に帰ってコーヒーを入れ、改めて電王戦の棋譜を並べ直してみた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
棋士とメシ

松本博文

あの大一番を支えた食は何だったのか―― 現在における将棋対局のネット中継の基礎をつくり、食事の中継の提案も行った松本博文氏がつづる、勝負師メシのエピソード。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

prisonerofroad “【第6回】 #将棋 #food 3年以上前 replyretweetfavorite

ginnan81 【第6回】 #shogi 3年以上前 replyretweetfavorite