トイレ掃除をしてたら貧乏人? 日米の家事と仕事の違い

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「働くこと」について語っていただきました。仕事と母親業とをこなすなかで実感した、働くことの本質、そして、企業と個人が目指すべき、新しい雇用関係とは? 女性はもちろん、働くすべての人に読んでほしい新連載です。

日本の産休・育休制度は、実は恵まれている?

— お二人の目からみると、女性の雇用環境は日米でどう違いますか?

篠田真貴子(以下、篠田) アメリカは、ずっと厳しいですよね。日本のほうがだいぶ恵まれていますよ。

渡辺由佳里(以下、渡辺) 確かに、制度的にはアメリカが一番厳しいんじゃないか、ってくらい。

篠田 日本みたいな育休、産休制度がまったくないから、リセットする以外に選択肢がないんですよ。保育園なんかも、公的補助ゼロです。

渡辺 以前、Facebookが4ヶ月の産休制度を導入して、休職中にお金を出すと発表しましたけど、それがすごく話題になったのは、そもそもそういう制度がないからですよね。Facebookに就職したら、産休っていうのが取れるんだ、っていう。もうベースが全然違う。

— それでも、アメリカの女性は仕事も子育てもしている人も多いわけですよね。制度がなくてもやっていけている理由はなんなのでしょうか?

篠田 それはやっぱり、前例があるからでしょうね。制度がないなか、試行錯誤してきた先輩方はたくさんいらっしゃるわけです。

渡辺 そう、先輩から教えてもらえるんですよね。住み込みの子守りの人を雇ったり、お料理を簡単にしたりして、家事は手抜きできるわよ、とか。

篠田 私の理解だと、日本とアメリカを比べたとき、アメリカにはたしかに制度はないんだけど、一方で労働市場の流動性はすごく高い。つまり別の会社で働いて1回辞めても、自分がこれまでにやってきたことを、普通の会社がちゃんと見てくれて、評価してくれる土壌が整っている。

渡辺 その会社で働いているときから、この職歴を次の職場にどう売り込むのか、ということをけっこう考えていますよね。

篠田 はい。それに加えて、外国人の労働者に合法的に家事のお手伝いをしてもらえる仕組みがあるので、日本よりは、手頃に家事を回せる手段があるんですよ。

トイレ掃除は雇ってするもの

渡辺 そもそも、家事に対する期待値が日本より低いですよね。

篠田 ええ、すごく低いですね。日本人はみんな、家庭内の掃除、洗濯、育児はこうあるべし!っていう意識が高いんですよ、アメリカと比べると。

渡辺 高すぎですよ〜。完璧を求めすぎ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リンクトイン創業者が提唱する「人と企業」の新しい関係とは。

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ
ダイヤモンド社
2015-07-10

この連載について

初回を読む
母が語る、あたらしい働き方—渡辺由佳里×篠田真貴子対談

渡辺由佳里 /篠田真貴子

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YuriL 今更ながら頷きまくった対談記事 約3年前 replyretweetfavorite

tsh71 家電とかアウトソーシングで家事の総量を減らせばゆっくりできるんやでって。 約3年前 replyretweetfavorite

1Atsuhimerose2 日本人社会が如何に滑稽に目に映るか良い機会。軽蔑、侮辱され嘲笑を浴びることか思い知るがいい。 https://t.co/yNI1xWCAQz 3年以上前 replyretweetfavorite

1_a004 グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ、がテーブルに置いてある!  3年以上前 replyretweetfavorite