おまえ一人で、アフリカに市場開拓してこい」と言われたら、どう働けばいいの?

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「働くこと」について語っていただきました。仕事と母親業とをこなすなかで実感した、働くことの本質、そして、企業と個人が目指すべき、新しい雇用関係とは? 女性はもちろん、働くすべての人に読んでほしい新連載です。

あたらしい働き方を提案する「アライアンス」とは?

渡辺由佳里(以下、渡辺) 第1回の最後で、働き方について話をしていたとき、「アライアンス(ALLIANCE)」についてちょっとお話が出ましたが、もう少しお話きかせてください。

篠田真貴子(以下、篠田) はい、ぜひ。

渡辺 書籍のタイトルにもなっている「アライアンス」という英語は、国と国との提携関係みたいなものを指す言葉ですよね。この本のなかでは、それが個人と企業の関係に当てはめて語られています。つまり、企業と個人の雇用関係も、従来の雇用者・被雇用者という上下の関係ではなく、独立したもの同士の対等な関係として結ぶことができるというお話で。

篠田 はい、そうなんです。働くということを、これまでとは違った新しい視点からとらえ直しています。そうした働き方をすでに実践している例は少なくないのですが、それをきちんと見えるようにした、画期的な概念だと思います。

渡辺 会社と従業員って感じじゃなくて、それぞれがちゃんと責任を持って自立して、フラットに繋がっているイメージなんですよね。ギブアンドテイクというか、一方的ではない対等な関係。そこから生まれる「信頼」を重要視するのが、「アライアンス」という考え方ですよね。

篠田 そうなんです。で、その関係のありかたを個人と企業の間での約束事の3つのパターンに整理しています。これが日本の文脈にも十分当てはまるなと思うところで。ここがすごく大事だと私思っているんです。

渡辺 個人と企業のあいだの約束事、というのは、日本人には想像しにくい概念ですよね。

篠田 そうですね。会社は事業の目標を実現したい。個人はその人なりの成長をしたい。お互いにそれが実現できるよう、ニーズを認め合い尊重し合って、お互いに何を相手に提供するか、そして何をしてほしいのか、を約束し合います。その約束に3つのパターンがある、ということですね。

渡辺 3つのパターンを読むと、意外と日本人の働き方にも一致しているんですよね。

篠田 1つ目は、「ローテーション型」っていう、いわばルーティーンの仕事のタイプ。2つ目の「変革型」っていうのは、その会社が新しいチャレンジをするときに、そこを自分のキャリアのステージと重ねてがんばるタイプ。3つ目の「基盤型」は、会社のあり方と自分の人生が一致しているタイプ。アライアンスが提唱する働き方のパターンには、この3つがあるんです。


『ALLIANCE』60ページより

篠田 日本の企業って、終身雇用っていうのにマスクされて、見えにくくなってはいるんですけど、この3つすべてのパターンの働き方があると思うんです。

— なるほど。

篠田 まあ、「ローテーション型」はわかりやすく、普通にルーティンで組み立てられている仕事ですよね。で、たとえば「アフリカ市場開拓してこい」とか言われて、初めて一人目の駐在員として開拓に行く、みたいなのは、明らかに「変革型」ですよね。新規事業を始めるとか、それを託された社員っていうのはその時期は変革型のコミットメントなはずなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リンクトイン創業者が提唱する「人と企業」の新しい関係とは。

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ
ダイヤモンド社
2015-07-10

この連載について

初回を読む
母が語る、あたらしい働き方—渡辺由佳里×篠田真貴子対談

渡辺由佳里 /篠田真貴子

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

altsphere ■一人で、アフリカに市場開拓してこいと言われたら、どう働けばいいの?渡辺由佳里/篠田真貴子 https://t.co/sEansZJaSg 約3年前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 篠田真貴子 @hoshina_shinoda さんが監訳された『Alliance アライアンス』は人と企業が信頼関係で結ばれるという新しい雇用を語っています。シリコンバレー発ですが日本人にも親和性あり!|渡辺由佳里×篠田真貴子対談 https://t.co/bZbRbZxlF9 3年以上前 replyretweetfavorite

yanabo 正規雇用と非正規雇用しか会社と個人の契約もかたちがない。これってけっこう不幸なことだ。というのがわかる。@YukariWatanabe /@hoshina_shinoda |渡辺由佳里×篠田真貴子対談 https://t.co/bg4JxCIBU1 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 渡辺由佳里@YukariWatanabe篠田真貴子@hoshina_shinoda https://t.co/pdxUL2Clq1 終身雇用型企業ランキング https://t.co/zDo8TM9WHu 3年以上前 replyretweetfavorite