太刀川英輔(デザイナー)→堀井秀之(東京大学i.School エグゼクティブディレクター) Vol.1
「イノベーションはどのように起きるのですか?」

今回インタビュアーを務めるのは、NOSIGNERの代表として幅広い領域のデザインを手がけ、東日本大震災の直後には、被災地での生活を助けるアイデアを集めるデータベースWiki「OLIVE」を立ち上げたことでも注目を集めた太刀川英輔さん。そんな太刀川さんがインタビューするのは、「イノベーションの学校」を謳う東京大学の教育プログラム「東京大学i.school」の堀井秀之さん。最近、アジア新興国のイノベーターを発見・体系化・啓蒙していくプロジェクト「Design For Freedom」を発足した太刀川さんが、デザイン主導のイノベーションの可能性について聞きました。

なぜi.schoolを始めたのですか? 

Q. i.schoolというある意味どの領域にも属さないようなものがなぜ大学に必要で、また、それがどんな可能性をもたらすと考え、このプロジェクトを始められたのですか?

堀井:21世紀に入る頃に、工学のヴィジョンをまとめて本にするという仕事をしたんですね。それからさらに10年近くが経ち、当時こうなるだろうと考えていたことが実際にそうなってきて、じゃあこれから先工学は何を目指していくのか? ひいては日本がどういう立ち位置で今後やっていくのか? ということを真剣に考えないといけない時期に来ていると感じ、工学部の先生方と議論を重ねていたんです。私としては、世界第二の経済大国は遠い過去の話で、アメリカや中国と真っ向勝負をしている場合ではなく、日本人の感性にあっているモノやサービスを生み出していくこと、つまり「日本らしさの追及」が大切なんじゃないかと考えていました。これまで工学というのは、人々の欲求、要求を満足させるための手段を提供するということを続けてきたのですが、一方で、じゃあ何を作るべきか?というような、その手段が果たすべき目的を作り込むということをやってこなかった。それは手段の設計とは全然違うことで、目的を生み出す人間をつくる教育や、その方法論、プログラムを考えていくことが必要となります。それはi.schoolのやろうとしていることそのものなんです。

Q.IDEOというデザインイノベーションのコンサルティングファームと連携されたことに、とても興味があります。これまでデザインというのは、美術系大学の一科目という認識が強かったと思うのですが、工学の未来を考えていこうとした時に、なぜデザインが必要だったのですか?

堀井:i.schoolを立ち上げる前に、IDEOやd.schoolRCAなどに視察に行ったんですね。そのなかで、新しい手段を生み出すための方法論が、デザインという分野から生まれてきていることがわかったんです。「新しくて良いもの」には、目的が新しいもの、手段が新しいもの、そのどちらも新しいものがあると思うんですね。基本的にデザインというのは、ある目的を果たすための手段で、人の気持ちを変えたりするための形、色、感触という「手段」を提供していくものだと思うのですが、形や色だけにこだわっているとできることに限りがある。そこで、デザイナーたちはその手段を広げ、社会システムやビジネスモデルというところにまで及んでいたのです。新しい手段を生み出すための経験則をデザイナーは持っていて、それは工学の分野がいま求めているものと近いと感じたのです。



イノベーションはどのように起きるのですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード