​「しない」女性の本音

今回の「ワイングラスのむこう側」は、女性の性についてのお話。好意を持っている相手であれば、たとえ付き合ってなくても、誘われると寝てしまう女性が意外と多いそう。しかし絶対に「しない」という女性もいます。男性から誘われた時、その女性は一体何を思っているのでしょうか。

したい、したいと言い続けると……

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

突然、下品な話で申し訳ないのですが、「男性が『あなたとセックスがしたい』って女性に言い続けると、いつかはできる」という話、聞いたことありますか?これ、バーのカウンターでしょっちゅう話題になるんです。「あの説は本当なのか? 本当に誠意を持ってひたすら押し続けたら、いつか女性は落ちるものなのだろうか?」という感じです。

これ、まず「前提」が必要です。その女性に「生理的に無理」と思われているともう無理です。一緒にご飯を食べに行ったり、ちょっとお茶を飲んだり、メールなんかのやり取りはしているという関係が前提です。まあ「ちょっとした好意」くらいはあるくらいに考えてください。

この話題になると僕が必ず話す、とあるエピソードがあります。普通のマッサージ師をやっている60歳ちかい女性に聞いた話なんですが、あるときホテルに呼ばれて、中年の男性をマッサージしていたらしいんですね。そしたらその男性がすごく酔ってたそうで、その女性に「セックスがしたい。あなたを抱きたい」って何度も何度も言い始めたそうなんです。

最初のうちは「こんなオバサンに何を言ってるんですか」とか「あとで外に出てそういうお店に行ったらどうですか」とかって答えてたそうなのですが、それでも彼にずっとずっと言われ続けていたら「身体の内側がジーンと溶け始めてきた」そうなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aroiwine 面白い記事。 2年以上前 replyretweetfavorite

nt_k ほんとこれ。「終わった後でその男性のことを好きになっちゃうのが困る」「したら好きになっちゃうんです。そういうものなんです」という感覚って男にはやっぱりわからんのかしら。→ 3年弱前 replyretweetfavorite

shiodaisho 「終わった後でその男性のことを好きになっちゃうのが困る」という方も多かったです。「した後に自分の中で、好きだからしたんだって気持ちを書き換えているという感覚がある」とおっしゃっていました。 https://t.co/JueAzYhb5l 3年弱前 replyretweetfavorite

SiouxsieQ5 |林伸次 @bar_bossa https://t.co/n530LCUAGC 3年弱前 replyretweetfavorite