所属団体の解散、里村明衣子にその先の道を示してくれた伝説のレスラー

女子プロレス界の横綱と名高い里村明衣子選手の中編です。老舗団体・全日本女子プロレス、そして所属していたGAEAが解散した2005年。そこで里村選手はアメリカメジャープロレス団体WWEでも活躍した伝説のプロレスラーと出会います。それまでどの団体から声をかけられても心を動かさなかった里村選手に、仙台行きを決意させた理由とはなんだったのでしょうか?

プロレスから離れて

 しかしその後女子プロレス団体を取り巻く環境はどんどん悪くなっていった。老舗の全日本女子プロレスは多角的経営の失敗から資金繰りが悪化し2005年に解散。GAEAも1期生以降の新人選手が定着せず、クラッシュ2000として復活していたライオネス飛鳥、長与千種の2人が再び引退するなどの原因が重なり同じく2005年に解散した。

 GAEAが解散を決めた時、里村は椎間板ヘルニアを悪化させて病院のベッドの上にいた。眠れないほどの激痛、所属団体の解散とドン底にいたはずの里村だが、「なんかいいことありそう、なんかいいことありそうだって毎日バカみたいに思っていた」という。三沢光晴や髙田延彦、宮戸優光などプロレスラーの自伝を読みあさり、「どこの団体もダメになる時は同じような事情を抱えているんだな」と思いながらも、自分が何とかすれば大丈夫だと信じていた。

 しかし同時に、里村はGAEAが解散した後はプロレス界から少し距離を置こうと考えていた。里村ほどの若く才能がある選手のことを当然業界は放っておくはずもなく、団体の解散前から里村の元にはいくつも話が持ち込まれていた。だが里村は同じようなメンバーとまた団体をやるつもりは一切なかった。

「もう正直冷め切っていたんですね、その時。私は何かを、今からでも変えられる自信はあったんですよ。でも他の選手とやっていくつもりはなかった。このメンバーとは絶対にやっていかないと決めていたけれど、でもひとりではどうにもできない。だからちょっと離れようと思ったんです」

 15歳からプロレス入りしてちょうど10年が経っていた。里村は海外に語学留学をしようと決意した。同時に海外選手との交流を持ち、何年か後に帰国したらそういった選手たちと日本でプロレスができるような場を作りたい。そんな漠然とした構想が彼女の頭にはあった。

新崎人生との出会い

 しかしそこで思わぬ出会いが訪れる。東北を中心に活動する男子のプロレス団体、みちのくプロレスの新崎人生との出会いだった。

 新崎はお遍路さんスタイルという特異なキャラクターを持つプロレスラーで、日本だけでなくアメリカのメジャー団体WWF(現在はWWE)でも活躍した人気レスラーだ。里村に出会ったのは新崎がみちのくプロレス創設者であるザ・グレート・サスケからみちのくの社長を引き継ぎ、社長兼レスラーになって2年が経った頃だった。

 GAEA解散の2週間前に長与千種が「That's エンプロ」というプロデュース興行を行った。長与自身が初めての男女ミクスドタッグ、しかも蛍光灯デスマッチに挑んだり、エンターテイメント性の強い試合があったりとユニークな興行だったが、その大会のセミファイナルで新崎人生&里村明衣子組というタッグが組まれたのだった。それが新崎と里村の初対面だった。

「その日の試合後です。リングの片付けをしている時に人生さんに呼ばれて、『これからどうするの?』って言われたので、『語学留学に海外に行きます』って言ったんですけれど具体的にはまだ決まっていなかったんですね。そしてGAEAが解散した二日後にまた呼ばれて、お話をされたんですよ。『仙台で会社を作ろうと思うんだけれど、協力してもらえますか』って」

 新崎は当時のことをこう振り返る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
プロレスという生き方

三田佐代子

能力や技術だけでなく、己の肉体と肉体、そして人生をぶつけあうのがプロレス。プロレスは幾度かの困難な時期を乗り越えて、いま新たな黄金時代を迎えています。馬場・猪木から時を経て、現在のプロレスラーは何を志し、何と戦っているのでしょうか。長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

r_mikasayama 特に気に入っているのは「飯伏幸太の二団体退団は何を意味するのか?」の大社長のお乳と https://t.co/1KfjTmew5E 「 3年弱前 replyretweetfavorite

thus_spoke_ys 仙女旗揚げ興行に仲の良かった先輩達と行ったなあ。飲みすぎでワールドカップ決勝の時間寝過ごして、ジダンの頭突きを見逃した記憶。 約3年前 replyretweetfavorite

DJ_KMCB Yahoo!ニュース 熟読 約3年前 replyretweetfavorite

345m 「プロレスという生き方」里村明衣子編第2回はあの人との出会いについて。 約3年前 replyretweetfavorite