孤高のレスラー里村明衣子と「センダイガールズ」という家族

三田佐代子さんの新刊『プロレスという生き方』、女子プロ界の横綱・里村明衣子編の最終回です。伝説のレスラー新崎人生に請われて、仙台の地でプロレス業界に復帰した里村選手。現在は団体の代表として活躍していますが、設立当時は多くの悩みを抱えていました。その間も変えなかった里村選手の信念、そして新しい場所で得られた変化とは?

ある時は寮のおばさん、ある時はレスラー、ある時はお母さん

 しかし新人選手の育成は里村にとって思った以上に大変だった。「GAEAの時は恐らく10年間で40~50人は辞めていると思う」と言うほどにプロレスラーの新人育成は難しい。加えて新団体の旗揚げということもあり、ひとりでも欠けてしまったら団体として成り立たなくなってしまう。GAEAの時にはただひとりのレスラーとして後輩の指導しかしてこなかった、心のケアなど全く考えなかった、という里村が、わずか26歳にして「あるときは寮のおばさん、ある時はレスラーとして、ある時はお母さんとして」、15歳や16歳の少女たちを預かる身となったのである。

 名選手、名コーチにあらず、というのはどのジャンルでもよく言われることだが、里村の場合はまた別のところに悩みがあった。多感な、しかも学校ではちょっと問題を抱えたような少女たちも多く集まってくる場をうまくコントロールしつつ、全くの初心者にプロレスを教え、団体を旗揚げさせなくてはならない。「心のケアの部分が8割だった」と里村は当時を思い出す。

「練習の面では旗揚げ戦に向かってガッとやれば、毎日毎日どんどんみんなできるようになるんです。でも精神的なものはそうはいかない。何か寮で人間関係がおかしくなったりすると、次の練習にそれが影響してしまう。仕事と、人間関係をみんな分けられないんです」

 時には親御さんに頭を下げたり、リング上でつかみ合いになる若手たちを引きずり降ろしたりしながら、里村は新人選手を教え続けた。そして、2006年7月9日、里村明衣子と里村が教えた新人選手4人のセンダイガールズプロレスリングが、仙台サンプラザで超満員のお客さんを集めて旗揚げしたのだった。

センジョは復興のシンボル
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

なぜ今また面白くなったのか?

この連載について

初回を読む
プロレスという生き方

三田佐代子

能力や技術だけでなく、己の肉体と肉体、そして人生をぶつけあうのがプロレス。プロレスは幾度かの困難な時期を乗り越えて、いま新たな黄金時代を迎えています。馬場・猪木から時を経て、現在のプロレスラーは何を志し、何と戦っているのでしょうか。長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

satomurameiko |プロレスという生き方|三田佐代子|cakes(ケイクス) https://t.co/PIq74B7FW0 #仙女 3年弱前 replyretweetfavorite

NPWOFC 6.25アオーレ長岡大会に参戦する #里村明衣子 選手の事がよくわかる記事です https://t.co/CNXNsRPoiD #新潟プロレス #大日本プロレス #センダイガールズ 3年弱前 replyretweetfavorite

345m 「プロレスという生き方」から里村明衣子選手の最終回です。澁谷玲子さんが書いたセンジョメンバーのイラストが特徴を捉えていて本当に素敵! #プロ生き < 3年弱前 replyretweetfavorite

furumachi11 新潟出身女子プロレスラー。 『彼女はいま、一選手から団体経営者としての考え方をするようになってきているんですね。それが何より団体にとっていい方向に向かっている』 https://t.co/5psSAMrC2l 3年弱前 replyretweetfavorite