俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

かつて渋谷を席巻したガングロギャルたちと一夜を過ごす

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 今を去ること10年以上前になるが、’90年代中盤から’00年代初頭にかけて、渋谷はギャルの聖地だった。いくつものギャルサー(ギャルのサークル)がひしめき、日本テレビ系では同名の連続ドラマが製作されたほど、世間の注目を大いに集めていたものだ。

 今やすっかり鳴りを潜めた感のある彼女たちだが、どっこい実は渋谷センター街で元気に活動を続けている一団が健在だという。

 時計の針が24時を指した頃。家路を急ぐ酔客をかき分け、記者はセンター街の「ガングロカフェ」へ向かった。この通りのランドマークである「カラオケ歌広場」の地下という好立地だ。

絶滅寸前のガングロギャルがお出迎え!

10年前にタイムスリップ!渋谷が元気だったあの頃を懐かしむ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード